熱中症の症状で寒気や腹痛、嘔吐、吐き気がひどい場合はどうする?

1

 

気温や湿度が高くなるこれからの時期、子供から高齢者まで気を付けなればならないのが「熱中症」ですよね。

熱中症は、寒気や腹痛、吐き気、嘔吐などの症状が出ることがあります。

なぜこのような症状が出るのかそれぞれについて解説し、ぜひ覚えておきたい対策や対処法についてもお話ししたいと思います。


Sponsored Link


熱中症ってどんな症状が出るの?

2

 

まず熱中症の症状は、重症度によって3つの段階に分かれています。

軽度の場合は、めまいや立ちくらみ、筋肉のけいれん、多量の発汗などがあります。

中度になると、腹痛や吐き気、嘔吐、下痢、寒気、倦怠感などが出てきます。

重度になると、高熱、意識障害、こん睡、全身けいれんなどの症状があらわれ、かなり危険な状態です。

では、なぜこういった症状が出てくるのでしょうか?

 

高温多湿の場所での活動によって大量に汗をかいたことで体内の水分や塩分が不足する、いわゆる脱水症状の状態になります。

そうすると体液が不足し全身の血液量も減少してしまい、あらゆる臓器の機能が低下します。そのため食欲減退や吐き気、嘔吐などの症状が出てきます。

 

また、水分補給の際、水分だけを補給して塩分をとらなかった場合、体は水分と塩分の電解質バランスをとるために余分な水分を排出する働きがあります。そのため、腹痛や下痢の症状が出ることがあるのです。

 

その他にも、血液中の塩分が不足することで、手や足、腹部の筋肉に痛みを伴うけいれんが起きます。この腹部のけいれんが腹痛として出ることもありますね。

脱水症状が進行すると、脳の温度が上昇し、脳がつかさどる体温調節機能に異常をきたしてしまいます。よって、体感温度のバランスも崩れ、暑いのに寒気を感じるようになるのです。

このように熱中症は体の水分と塩分のバランスが崩れることで発症してしまうのですね。

 

日ごろの水分補給の仕方を工夫しなければならないことがお分かりいただけたと思います。


Sponsored Link


寒気や腹痛、吐き気、嘔吐などの症状がひどい場合はどうすれば良い?

3

 

寒気、腹痛、吐き気、嘔吐の症状があらわれた場合、重症度の「中度」に位置づけられ、とても危ない状態ですよね。

重篤な状態になるかもしれないので、早急な対処をしなければなりません。

熱中症かもしれないと思ったら、まず次のように応急処置をしましょう。

 

■日陰や涼しい場所に移動する

■衣服をゆるめ、体を冷やす

あおむけに寝かせ、保冷剤や濡らしたタオルなどで、首やわきの下、太ももの付け根などを冷やしましょう。

 

■水分補給をしましょう

水分だけでなく塩分も補給できる経口補水液が適しています。下痢や嘔吐があった場合はとくに多めの水分補給が大切です。

カフェインの含まれるお茶やコーヒーは水分や塩分を排出する働きがあるため、吐き気や腹痛が悪化してしまいます。熱中症の時には向きませんので、注意が必要ですね。

 

腹痛がある場合は、反時計回りにお腹をぐるぐるとマッサージすると痛みが和らぐのでぜひ覚えておきましょう。

 

 

病院には行くべき?

4

 

熱中症にかかったら、症状が軽い場合でも十分な休養をとる必要があります。

体力が弱ったまま再び運動をしたり周囲に合わせて無理をしたりすると、再発するおそれがあるのだそうです。

ですから、決して自己判断せず、医師の指示に従って治療しましょう。

 

軽度~中度の場合は、落ち着いたら病院へ

意識があり自力で歩いたり水分補給ができる場合は、容体が落ち着いたら病院で治療を受けましょう。

自家用車やタクシーで病院に行く際は、あらかじめ医療機関に連絡を取り対応可能か確認するとスムーズです。移動中も体を冷やしましょう。

 

中度~重度の場合は、至急病院へ

もし受け答えができない場合や、吐き気や嘔吐があり自力で水分補給ができない場合は、一刻も早く119番に電話して病院で治療を受けましょう。

救急車を呼ぶ場合は、必ず発症した時の状況が分かる人が付き添いましょう。

 

 

まとめ

熱中症が疑われた時は、まずは涼しい所で安静にし、衣服をゆるめ、水分と塩分を補給することを覚えておいて下さいね。

暑いからといって冷たいものを食べたり、エアコンの効きすぎた室内にばかりいると、体が冷えて内臓が弱ってしまいますので注意が必要ですよ。

 

また、腹痛や吐き気、嘔吐といった症状は、他の病気の可能性もあります。

日ごろから規則正しい食事や睡眠、軽い運動などで熱中症予防を心がけましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ