熱中症の症状!下痢や吐き気、嘔吐、発熱、頭痛について!

1

 

熱中症という病気は近年広く知られるようになってきたにもかかわらず、患者数は増加の一途をたどっています。

暑い時期になり、なんだか体調が悪い…という方、実は熱中症かもしれません。

ここでは熱中症の症状、おもに下痢、吐き気、嘔吐、発熱、頭痛について詳しく解説し、それらの症状の対処法などをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


熱中症の症状は?

2

 

熱中症とは、高温・多湿の環境下で大量に汗をかくことで、体の水分やナトリウムのバランスが崩れ、体温の調節ができなくなることで起きる様々な症状のことをいいます。

熱中症は、症状によって軽度・中度・重度の3つの段階に分かれています。

 

軽度 『熱けいれん』『熱失神』

大量に汗をかき体内の塩分が不足して、手足のけいれんや筋肉の硬直が起きます。また、全身の血流が低下して、めまいや立ちくらみ頭痛などを起こします。

 

  • 顔色が悪くなる
  • 脈拍が弱く速くなる
  • こむらがえり
  • 筋肉のけいれん
  • 大量の発汗
  • 立ちくらみ、めまい
  • 頭痛

 

中度 『熱疲労』

大量に発汗することで脱水症状になり、

  • 全身の倦怠感、脱力感
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • めまい

などの症状が見られます。

 

重度 『熱射病』

脳による体温調節機能が破たんしている状態で、

  • 38℃を超える高熱
  • 汗が止まり、皮膚が乾燥する
  • 全身のひきつけ
  • 意識障害
  • 多臓器不全

などの症状があらわれ、治療が遅れると死に至る場合もあります。

 

熱中症は、軽い症状の場合でも急速に重症化することもあるので注意が必要ですね。


Sponsored Link


下痢や吐き気、嘔吐、発熱、頭痛の症状は具体的にどんな感じなの?

3

 

次に、熱中症のおもな症状ついて詳しくチェックしていきましょう。

 

下痢の場合

熱中症で下痢になるの?と思う方もいるかもしれませんが、吐き気や嘔吐とともに下痢も起きることがあります。

なぜ下痢が起こるのかというと、塩分やミネラルが補給されないと、身体は電解質バランスを整えるために、余分な水分を体外に排出しようとするため、それが下痢となってあらわれるのです。

水分補給の際、水分だけ補給してしまった場合に起こりやすいようです。

 

吐き気・嘔吐

脱水症状になり、体液が不足して全身の血液の量が減少してしまうことで、食欲減退や吐き気、嘔吐の症状が出てきます。

適切な処置をしないとあっという間に重度の熱中症へ移行してしまう危険な状態です。

 

発熱

脱水症状によって汗となる体の水分が完全に失われてしまった状態です。先ほどお伝えしたとおり、熱中症の中でも重度の症状になりますね。

脳の温度が上昇し、脳が持っている体温を調節する機能が失われて、とても危険な状態と言えるでしょう。

 

頭痛

頭痛も脱水症状から起こる症状です。脱水症状によって血液に含まれる酸素や栄養が脳に到達しなくなってしまうことで頭痛が起こります。

比較的初期から起こりやすい症状ですが、これ単体では熱中症と気づくことが出来ず悪化してしまうケースもありますので、注意したい症状ですね。

 

 

もしこれらの症状が出たらどうする?

4

 

これらの症状は、水分や塩分が不足し脱水症状になってしまったことで引き起こされるものだということが分かりますね。

ですので、対処としては涼しい場所に移動し、塩分やミネラルが含まれたスポーツドリンクや経口補水液で、ゆっくりと水分補給するのが良いでしょう。

 

もし水分補給をしても熱が下がらない場合や、吐き気やズキズキと激しい頭痛などがある、意識がもうろうとしているといった場合は、至急病院への搬送が必要です。

重篤な状態に移行すると命に関わる可能性も出てきますので、早めの対処が大切ですよ!

 

 

まとめ

熱中症は、暑い時期だけでなく気温や湿度が高くなる5月ごろから危険度が増してきます。

赤ちゃんや高齢者、屋外で働く人や運動する人は発症するリスクも高まりますから、しっかりと予防していきましょう。

ただの軽いめまいや立ちくらみだからと甘く考えていると、だんだんとつらい症状になってくることもあります。

 

また嘔吐や吐き気が起こってしまった場合は、もうすでに中度以上の症状になっていますので、早めに対策をとるようにして下さいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ