大人はロタウイルスに感染しない?重症になることはないの?

1

 

ロタウイルスといえば、乳幼児が感染する嘔吐下痢症の原因ウイルスとして有名ですよね。

乳幼児が初めて感染すると重症化する可能性も高く、お母さんにとっては悩みの種となるウイルスかと思います。

ところでこのウイルス、大人でも感染はするのでしょうか?

 

また、仮に感染するとして、乳幼児のように重症化するリスクはあるのでしょうか?

今回は、そんな大人のロタウイルスについて詳しくご紹介していきたいと思います。


Sponsored Link


大人でもロタウイルスに感染するの?

2

 

まず、結論としては大人でもロタウイルスに感染します。

子供が感染しやすいウイルスというイメージがあるかと思いますが、だからと言って大人が感染しないというわけではありません。

ただ、大人は子供の頃に繰り返しロタウイルスに感染していますので、その分免疫が作られており感染しにくいというのはありますね。

 

また、大人は乳幼児や子供に比べて免疫力が高いですので、そもそもロタウイルスに感染する可能性自体が低いというのも知っておきましょう。

加えて、感染した場合の症状についても、子供よりは症状が軽くなりがちです。

これも元々の免疫力や、繰り返し感染してロタウイルスに対する免疫が出来ていることが理由になりますね。

 

なお、実はロタウイルスには、一口にロタウイルスと言っても多くの種類が存在します。

インフルエンザで言うところのA型、B型のようなものですね。

ロタウイルスもインフルエンザと同じで、同じ型は感染することで免疫を得られるのですが、それだけでは別の型の免疫は得られません。

そのため、今までに感染したことのない型であれば、大人でも比較的簡単に感染したり、症状がひどくなるケースも考えられますね。

とはいえ、基本的には感染しにくく、感染しても軽い症状で済むことが多いと考えておいて良いでしょう。


Sponsored Link


大人でロタウイルスが重症化することはある?

乳幼児だと重症化しやすいロタウイルスですが、大人の場合はどうなのでしょうか?

実は、大人でも重症化することはあります。

通常であれば、健康な大人がロタウイルスに感染したとしても、軽い嘔吐や吐き気、数回の下痢などで回復できるでしょう。

ただ、疲れていたり免疫力が落ちていたりすると、症状がひどくなったり、重症化する危険性が高くなります。

 

また、同じ大人でも持病がある場合などは、免疫力が低い可能性がありますので注意しておきましょう。

あと、やはり同じ大人でも抵抗力の弱い高齢者は要注意です。

高齢者については、子供と同様に免疫力が低くなっている可能性が高いですので、もし感染してしまった場合は、乳幼児と同じように対応した方が良いかと思います。

その他、子供がロタウイルスに感染して、看病しているうちに体力を消耗して感染するというケースもありますので、無理のしすぎには注意してくださいね。

 

また、合わせて手洗いやうがい、嘔吐物や下痢の消毒についても必ず行ない、予防をしておくようにしましょう。

 

 

重症化した場合、大人だとどんな症状が出るの?

3

 

では、大人が重症化した場合にはどのような症状が出るのでしょうか?

 

ロタウイルスは、抵抗力の弱い人が感染すると脳炎や脳症を起こすことで知られています。

これは、高熱が出た場合に起こりやすい症状ですね。

このほかにも、重症化した場合には脱水症状や腎炎なども挙げられます。

 

また、重症とまでは行かないまでも、激しい嘔吐や下痢で水分補給が困難になり、そこから脱水症状を起こしてしまうケースもありますね。

医療機関では点滴などで治療できますので、激しい嘔吐と下痢が同時にでたり、口から十分な量を飲めなかったりするときは早めに受診してくださいね。

 

 

まとめ

大人だと軽い症状で済む可能性が高いとはいえ、重症化する危険性もないわけではありません。

特にお子さんのロタウイルスを看病していて感染するケースが多いようですので、出来るだけ予防や対策を行っておきたいですね。

普段から手洗いをしっかりと行い、疲れをためないように適度な休息を心がけていきましょうね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ