子供のロタウイルスの症状や潜伏期間について!注意点やポイントは?

1

 

子供がロタウイルスに感染するとどんな症状があらわれるのでしょうか。

また、潜伏期間はどのくらいで、注意点などはあるのでしょうか。

今回は、子供の症状と潜伏期間についてお話していきたいと思います。


Sponsored Link


子供のロタウイルスの症状は?

2

 

冬に多い感染症、ロタウイルス。

ロタウイルスに感染すると、ウイルスが消化器系にダメージを与え、嘔吐から始まって、次第に下痢の症状があらわれます。

下痢は水っぽく白い便になることが特徴です。

ですからロタウイルスは「白色便下痢症」とも呼ばれています。

 

下痢や嘔吐などのロタウイルスの主な症状は1~2週間続き、その後は自然に治っていきます。

ただし、小さい子どもほど症状が重くなる傾向があり、症状が重いと下痢や嘔吐が激しくなるだけではなく、発熱する場合もあります。

症状が重かったり、脱水症状がひどい、またはけいれんや肝機能異常などの合併症を伴うと、最悪の場合死亡することもありますので、おかしいと感じたらすぐに病院へ連れていってあげてください。


Sponsored Link


子供のロタウイルスの潜伏期間はどのくらい?

3

 

とにかく感染力の強いロタウイルス。

ロタウイルスは特に生後6ヶ月~2歳の乳幼児が感染し、そして発症しやすく、5歳までにはほぼ全員が感染すると言われています。

ロタウイルスは人から人に、口から入って感染する経口感染です。

主に食べ物や飲み物にウイルスが付着し、それが原因で感染するということが多いでしょう。

 

また、潜伏期間は2~4日で、長い場合でも3日までには発症するといわれています。

潜伏期間が短く、体内での抗体ができあがることがないため、再感染を繰り返す病気です。

 

 

潜伏期間や症状で注意したいことはある?

ロタウイルスに感染すると、初期の段階で37~38度の微熱の症状があらわれることがあります。

もしも嘔吐や白い水のような下痢の症状があらわれ始めたら、ロタウイルスに感染した証拠です。

吐き気止めや下痢止めは症状を悪化させてしまうので服用せず、水分補給を第一に考えましょう。

 

吐き気が強い場合は、スプーンを使って、少しずつ飲ませてあげてくださいね。

乳幼児の場合は薄めたミルクを飲ませ、離乳食はいったんお休みしましょう。

もしも、吐き気が強くて水やミルクをまったく飲むことができないという場合は脱水症状を引き起こしやすいので、早めに病院を受診するようにしましょう。

脱水症状を引き起こしてしまうと、血液の粘度が高まって、血流障害を引き起こし、老廃物を体の外に排出することができなくなってしまいます。そして、最悪の場合、命を落とす可能性もあるのです。

おしっこの量が減っていたり、唇が乾燥している場合は要注意です。

よく様子を見てあげてくださいね。

 

 

まとめ

子供がロタウイルスに感染した場合の症状や、潜伏期間、そしてこれらの注意点についてお話しましたが、いかがでしたか?

ロタウイルスは初期に発熱の症状があらわれる病気です。

ただし、発熱だけでは、風邪などとの区別がつきにくく、その間に感染が広がってしまうことが多くあります。

手洗いやうがいを徹底させ、できるだけ感染しないように気を付けてあげましょう。

そして、もしも感染してしまった場合は、自己判断で薬を飲ませず、かかりつけの病院を受診しましょう。

 

また、脱水症状には気を付け、少しでもおかしいなと感じる症状があらわれたら、医師に相談するようにします。

ほぼすべて子供が感染する病気ではありますが、合併症などがあると死亡する可能性もあるため、よく注意して様子を見て揚げてくださいね。

1日も早く元気になって、またお友達と元気に遊べるようになるといいですね。

お大事になさってください。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ