花粉症の咳や鼻水、喉の痛み、頭痛について!原因と対処法は?

1

 

今年も冬から春に向かうにつれて、花粉が飛び交う時期がやってきましたね。

花粉症の方は、咳や鼻水、喉の痛み、頭痛などに苦しめられ、非常に辛い時期だと思います。

この花粉症の症状、対処法や解消法はないのでしょうか?

今回は、花粉症を引き起こす原因を元に、対処法や解消法を見ていきましょう。


Sponsored Link


花粉症の咳や鼻水、喉の痛み、頭痛の原因は?

2

 

花粉症の大元の原因といえば、あなたもご存知の通り、花粉によるアレルギー反応ですよね。

アレルギー反応というのは、元々ウイルスなどの外敵から身を守るための身体の防衛システムになるのですが、これは本来花粉には激しく反応するものではありません。

しかし、花粉症になってしまうと、この花粉に対して過剰なアレルギー反応を引き起こしてしまい、結果として咳や鼻水、喉の痛みなどの症状を引き起こしてしまうというわけですね。

花粉症を引き起こす代表的な花粉はスギ花粉で、これはニュースなどでもよく目にするのではないでしょうか?

他にもヒノキやハンノキ、シラカバ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉による花粉症も存在しています。

では、なぜこの花粉によって、咳や鼻水、喉の痛み、頭痛といった症状が起こるのでしょうか?

 

まず、咳や鼻水、喉の痛みといった症状についてですが、こちらは比較的簡単です。

例えば、花粉が喉に付着してしまうと、身体がこれを排除しようとして咳が出るといった具合ですね。

鼻水も同様に、鼻に付着した花粉を排除するために出てくるというイメージで良いでしょう。

喉の痛みについては、花粉が喉に付着した際に、喉に炎症が起こることで痛みを引き起こすと考えられています。

頭痛の症状についてですが、こちらはいくつかの原因が考えられます。

 

一つ目に考えられる原因としては、脳の酸素不足による頭痛です。

花の粘膜に花粉が付着して炎症を起こすと、鼻の奥が腫れてしまい、鼻呼吸を行いにくくなったことによって脳が酸素不足に陥ることがあります。

酸素が足りなくなった脳は、その危険性を知らせるために頭痛を引き起こしたり、頭が重苦しい感覚を引き起こすというわけですね。

 

二つ目に、花粉症の症状による睡眠不足によって頭痛が起こっているケースが挙げられます。

呼吸が苦しいと、どうしても眠りは浅くなってしまいますので、結果として脳が睡眠不足を訴えるために頭痛を引き起こしているという形ですね。

 

三つ目に考えられる原因としては、花粉症による筋肉の緊張です。

花粉症というのは、咳や鼻水など自分にとって不快な症状が続きますよね。

人間は、こういった不快な状況が続くと筋肉がこわばる習性があり、特に肩こりや首のこりなどが起こりやすいと考えられています。

そして、この首や肩のこりが原因となって、緊張性頭痛という、肩こりなどが原因となる頭痛を引き起こしてしまうというわけです。

 

また、四つ目に考えられる原因として、慢性副鼻腔炎を合併している可能性が考えられます。

慢性副鼻腔炎というのは、鼻の横にある鼻から繋がる副鼻腔という部分で炎症が起こった状態なのですが、ここに炎症が起こると周囲の頭にも痛みが出ることが分かっています。

頭痛と合わせて鼻やその周囲に痛みが出る場合や、歯などに痛みが出る場合は、この病気が原因の頭痛である可能性も高いと言えるでしょう。


Sponsored Link


花粉症の症状の対処法は?

まず基本的なことにはなりますが、花粉を体内に取り込まないことが絶対の対策になります。

花粉症による咳や鼻水、喉の痛み、頭痛といった症状は、全て花粉が体内に入ることで起こるアレルギー反応から引き起こされるものなので、原因となる花粉を遠ざけるという考え方ですね。

具体的な対策としては、花粉対策されたマスクの着用や、その日ごとの花粉の多い時間帯の外出を避けるといった形になります。

 

また、自宅に帰った際などには、玄関前でコートなどに付着している花粉を払い落としておくのも、自宅に花粉を持ち込まないための対策として有効ですね。

花粉症による頭痛については、花粉による鼻の粘膜の炎症がキッカケとなって起こっているケースが多いので、アレルギーの治療をしっかりと行っていくことが大切になります。

耳鼻科を受診すれば、対応した薬も処方してもらえるはずですので、まずは一度病院を受診してみるのが良いでしょう。

 

また花粉症の根治を目指したい方は、減感作療法(げんかんさりょうほう)という治療方法も存在します。

完全に治る確率は6割程度とされていますが、ひどい花粉症に悩まされている方などは、一度検討してみても良いでしょう。

こちらも興味のある方は、まず病院で相談をしてみてくださいね。

 

 

花粉症の症状に関連して注意したいことはある?

まず注意したいこととして、鼻づまりの症状ですね。

花粉症で鼻づまりに悩まされる方は、口呼吸になってしまう方も多いかと思いますが、あまり口呼吸をしすぎるのは良くありません。

口呼吸をしていると、次は喉の粘膜に花粉が付着してしまい、喉の痛みなどが悪化する恐れがあるからですね。

ですので、なかなか難しいとは思いますが、薬などを併用しながら出来るだけ鼻で呼吸をするようにしましょう。

 

また、タバコやお酒を習慣的に常用している方は、鼻炎の症状が悪化する可能性が高いと言われています。

タバコの煙は鼻の粘膜を刺激しますし、アルコールは血管の収縮を引き起こすため、結果として鼻の粘膜が腫れやすくなってしまいます。

ですので、もし花粉症の症状がひどい場合には、まずタバコやお酒の習慣を一度控えるようにしてみてください。

 

あとは、夜更かしやストレスなども、花粉症の症状を悪化させる原因となります。

睡眠不足やストレスは免疫力を下げる原因になり、結果として花粉症の症状が悪化してしまいます。

そうならないためにも、出来るだけ睡眠不足やストレスは避けるようにしてみましょう。

 

 

まとめ

花粉症は、基本的な対策が非常に重要な病気と言えます。

花粉を避ける、治療薬を併用するなどの対策だけでも、かなり症状を抑えられると思いますよ。

ですので、ぜひ今回お伝えしたような対処法を実践して、辛い花粉の時期を乗り切ってくださいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ