ロタウイルスワクチンの予防接種の回数は?2回と3回のものの違いは?

1

 

ロタウイルスの予防接種は、ロタウイルスに感染した際に重症化を防ぐことのできる任意接種のワクチンですね。

ですがこの予防接種、実は接種の回数が異なる2種類のものがあるのをご存知ですか?

今回は、そんなロタウイルスワクチンの接種の回数についてや、それぞれに違いはあるのか?どちらを選ぶのか?選ぶ時のポイントは?など、予防接種の気になる点についてお話をしていきたいと思います。


Sponsored Link


ロタウイルスの予防接種は通常何回うつものなの?

2

 

ロタウイルスワクチンは、冒頭でもお伝えしたとおり2種類あります。

大雑把に言ってしまえば、2回接種するものと、3回接種するものですね。

2回接種するものはロタリックスというワクチンで、3回接種するものがロタテックというワクチンですね。

どちらも一般的に扱われているロタウイルスのワクチンになります。

2回接種のものは生後6週~20週までに1回目の接種が必要で、3回接種のものは生後6~24週までに1回目の接種をする必要がありますので、どちらも早めの準備が必要ですね。

 

このロタウイルスワクチンに限った話ではありませんが、予防接種を複数回接種する理由は、1度の予防接種では免疫を十分に獲得することができないからです。

1度の予防接種で獲得した免疫は自然となくなってしまいます。

しかし2回、3回と予防接種を行うことで、前回よりもさらに効果の高い免疫を獲得することができるのです。

これは免疫増幅効果(ブースター効果)といわれるもので、RSウイルス感染症やロタウイルス感染症のような何度も繰り返しかかる感染症でよくみられる反応です。

何度も感染した経験がある大人では症状が出なかったり、症状が出ても軽いものだったりするのは、この免疫増幅効果の影響というわけですね。


Sponsored Link


予防接種を2回行うものと3回行うものの違いは?

さて同じロタウイルスワクチンですが、なぜロタリックスとロタテックには接種回数に違いがあるのでしょうか?

 

実はロタリックスとロタテックは、それぞれ由来するロタウイルスが違うため、別々のワクチンとして存在しているんです。

もっと具体的にお話しますと、実はロタウイルスにはいろいろな種類があります。

インフルエンザなどでは、様々な型があることはよく知られているでしょうから、同じようにイメージしていただくとわかりやすいでしょう。

 

ロタリックスは、ヒトロタウイルスといわれている種類のロタウイルスを弱毒化したものです。

ヒトロタウイルスは名前の通り人間に感染するロタウイルスですので、予防接種で体内に入ったときにスムーズに腸管内で増殖し免疫を付けることができます。

そのため、予防接種は比較的少ない2回で良いというわけですね。

 

一方ロタテックは、ウシロタウイルスをヒトロタウイルスに組み替えて作られたものをワクチンとして生成したものです。

ウシロタウイルスは人間に対しての病原性が弱いので、ヒトロタウイルスを使っているものよりも免疫をスムーズに作ることができないと言われています。

そのため、多めに3回もの予防接種が必要というわけですね。

 

 

ロタリックスとロタテックのどちらを受けると良いの?

3

 

2回接種のロタリックスと3回接種のロタテック、どちらを受ければ良いのか迷ってしまいますよね。

ちなみにどちらのワクチンを受けても、効果は変わらないといわれています。

 

また、医療機関によってはどちらか一方のみしか扱っていない場合もあるので、選択の余地自体がない場合も多いです。

そのため、どちらを選ぶのかということは特に気にしなくても良いですが、ほかの予防接種とのスケジュールの兼ね合いがありますので、かかりつけの医師に相談しましょう。

ワクチンの種類にもよりますが、場合によっては他の予防接種と同時接種できる場合もあり、受診回数を増やさずに済むこともあります。

 

どちらかと言えばという話であれば、手間や負担を考えた場合は、2回の接種で良いロタリックスの方が良いのではないかと思います。

しかし、生後6週~20週までに1回目の接種を終わらせなければならないので、ややスケジュールがタイトにはなってきますね。

接種期間に余裕を持ちたい場合や、既に接種期間がギリギリの場合などは、生後6~24週まで受けられるロタテックを接種出来る病院を選ぶと良いでしょう。

ロタテックは3回接種ではありますが、場合によっては合計の費用はロタリックスと同じか、多少安く済むケースもあるようですので、一度問い合わせてみると良いですね。

 

 

まとめ

ロタウイルスの2種類のワクチンについてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

どちらを選ぶか迷ってしまうかもしれませんが、どちらもロタウイルスの重症化を予防できる効果や期間は同じだといわれています。

ロタウイルスは生後3ヶ月~6ヶ月の間に初めて感染すると、重症化しやすいというデータもありますので、ぜひ接種しておきたいですね。

1回でもロタウイルスの予防接種が終わっていれば効果は期待出来ますので、まずはお早めにかかりつけの医師に相談するようにしてみてください。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ