ロタウイルスワクチンの予防接種は受けるべきか?受けない人もいる?

1

 

ロタウイルスは感染力が強く、乳児期においては胃腸炎をおこす代表的なウイルスです。

乳幼児で感染すると重症化してしまうことがありますが、実は特効薬がありません。

予防することがとても大切ですので、子供に予防接種を受けさせておきたいと考える方も多いのではないでしょうか?

 

しかし乳児期のロタウイルスワクチンを接種できる期間は短く、チャンスを逃すと受けることができなくなってしまいます。

ですので、今回は予防接種を受けるべきか受けないべきかと悩んでいる方向けに、「ロタウイルスワクチンの予防接種は受けるべきか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。

ぜひ読んでみてくださいね。


Sponsored Link


ロタウイルスの予防接種は受けるべき?

2

 

結論から言えば、ロタウイルスの予防接種は受けるべきだと考えてよいかと思います。

詳しくは後述しますが、比較的重要度の高いワクチンと言えます。

 

しかも、ロタウイルスの予防接種は受けられる期間が比較的短いために、知らないうちに接種のチャンスを逃してしまったということもよく耳にします。

こういったことから、ロタウイルスワクチンはできるだけ早く接種を決めて予防接種スケジュールに入れましょう。

具体的には、生後6週~20週まで(ワクチンの種類によっては24週まで)に1回目の接種を済ませなければいけません。

この期間を過ぎてしまうと副作用が起こりやすくなってしまうので、予防接種を受けることができなくなってしまいます。

 

乳児期は予防接種の種類が多く、スケジュールを立てるのも大変ですよね。

しかも、ロタウイルスワクチンは生ワクチンと呼ばれる種類のもので、このワクチンを接種すると4週間は予防接種を受けることができなくなってしまいます。

そのため、予防接種のスケジュールはよく考えて立てなければなりません。

同時に接種することができるワクチンがありますので、かかりつけの医師に相談して予防接種の計画をしっかり立ててくださいね。

ではここからは、ロタウイルスワクチンの予防接種を受けるべき理由について見ていきましょう。


Sponsored Link


ロタウイルスに特効薬はない!予防接種で重症化を防ぐのが一番!

3

 

ロタウイルスワクチンを接種すべきだといえる理由として、まず第一に、ロタウイルスにはインフルエンザのように特効薬と呼ばれるものがありません。

ですので、重症化を防ぐためには予防接種がとても重要となってきます。

ロタウイルスは乳幼児期に最も多い胃腸炎の原因ウイルスですし、乳幼児というのは免疫力が弱いために、比較的重症化しやすいウイルスとも言えます。

 

また、とても感染力の強いウイルスですので、集団生活をしている乳幼児であればなおさら予防がとても重要になってきます。

乳幼児をお持ちのお母さん方ならば、ロタウイルスに感染した時の激しい下痢や嘔吐を既に経験した方もいらっしゃるかもしれません。

ロタウイルスに特効薬はないので、脱水を防ぐための水分補給や栄養補給をしたり、安静に過ごしたりする対症療法しかないのが現状です。

 

ウイルスの排出を妨げるので下痢止めも使用しないほうが良いといわれています。

ロタウイルスワクチンを接種しているとこれらの症状も軽く済むので、赤ちゃんだけでなく、看病するお母さんも辛い思いをせずにすみますね。

ロタウイルスワクチンは重症化を90%以上防ぐことができるというデータもあります。

接種すべきワクチンの一つといえるでしょう。

 

 

ロタウイルスワクチンは最重要ワクチン!

あの有名なWHO(世界的な保健、医療に関する機関)も、このロタウイルスワクチンを最も重要なワクチンの一つだといっています。

これには理由があり、強い感染力のあるロタウイルスは、世界中の子供が5歳までに必ず1度は感染した経験があるといわれるためですね。

1度かかっても繰り返しロタウイルスに感染してしまうこともありますし、生後3か月~5か月に初めて感染した時などは一番重症化しやすくリスクが高いといわれています。

 

世界ではロタウイルスに感染して亡くなってしまう5歳未満の子供が、年間345000人以上いるということですから、決して大げさな話ではありません。

世界の120か国以上でロタウイルスワクチンが認められており、ロタウイルスによる胃腸炎を68~79%防いでいるという調査もあります。

以上のことから、効果の高いワクチンであることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

任意接種であるロタウイルスワクチンですが、接種できる期間がとても短いので、いつの間にか接種期間を過ぎてしまっていたということもあるでしょう。

とても効果の高いワクチンですので、気になっている方は一度かかりつけの医師に相談するとよいかと思います。

自費診療のため少し費用が掛かってしまいますが、子供本人が辛い思いをするだけでなく、看病するお母さん方、移ってしまうかもしれない兄弟児のことを考えると、予防接種を受ける価値はありそうですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ