子供のノロウイルスで下痢はいつまで続く?その間の食べ物は?

1

 

子供のノロウイルスはいつまで続くものなのでしょうか?

また、症状がでている間はどのような食べ物が適しているのでしょうか?

今回は、子供のノロウイルスの期間と食事内容についてお話したいと思います。


Sponsored Link


子供のノロウイルスの下痢はいつまで続くの?

2

 

一般的にはノロウイルスに感染した場合、24~48時間の潜伏期間を経た後に下痢や嘔吐の症状があらわれます。

そして、この症状は2~3日くらい続きます。

ちなみにこの期間の間、下痢の症状がひどくても下痢止めを飲んではいけません。

下痢は体がウイルスを出そうとして起こる症状なので、下痢止めで下痢をとめてしまうとウイルスが体の外に出なくなってしまうからです。

ノロウイルスには治療薬がありませんので、少し辛いですが、ウイルスが体外へ出るのを待ちましょう。


Sponsored Link


下痢や嘔吐が続く場合はどんな食べ物を摂れば良いの?

下痢や嘔吐の症状が続く場合は絶食が基本です。

おそらく水分でさえ摂取することが難しい状況なので、食事どころではないはずです。

 

私の子どもの場合はそうでした。

コップ1杯の水分ですら、飲むとすぐに吐いてしまったりトイレに駆け込んでしまったりしていましたよ。

 

このようになかなか水分を摂ることが難しい状況ではありますが、下痢や嘔吐の症状がひどい時は体から水分が失われていますので、水分補給は非常に大切です。

スプーンを使って1さじずつ、こまめに与えてあげましょう。

子供は大人に比べて体の水分量が多いため、軽い下痢の症状であっても多めの水分を補給しなければならないのです。

おすすめはスポーツ飲料や経口補水液で、人の体温程度の温かさの少しぬるい程度のものを飲ませてあげると良いですよ。

 

 

下痢や嘔吐が治まってきてからは何を食べると良い?

3

 

病気をした後は体温が低くなっている場合が多いので、温かくて消化のいい食べやすいものを与えてあげましょう。

おかゆや、白身魚や鶏のささみを入れたおじや、うどんなどがおすすめです。

他にもすりおりしたリンゴや柔らかく煮た野菜も食べられるようであれば与えてあげてください。

 

症状がよくなったからといって、すぐに普段の食事を与えることは避けましょう。

繊維の多いものや胃腸に負担がかかるものを与えてしまうと、下痢や嘔吐の症状がぶり返してしまうことがあるからです。

症状がおさまった後も胃腸はまだダメージを受けているのですね。

少しずつ様子を見ながら与え、徐々に普段の食事に戻していくようにしましょう。

 

 

その他に子供が下痢をしている場合の注意点は?

ノロウイルスは感染力がとても強いので、親が感染してしまわないよう、予防に努めることが肝心です。

子供が下痢の症状がひどい場合は、処理をする大人が感染しないように気を付けなければいけません。

 

また、直接処理をしていなくても便座を介して感染してしまうこともあります。

下痢の処理をする際には手袋やマスクをし、衣服に付着しないように気を付けながら処理を行ないましょう。

衣服に下痢が付着したまま乾燥してしまうと、ウイルスが空気中に広がり、感染してしまう原因となってしまうからです。

そして必ず、使い捨てのペーパーなどで便座やトイレの床を掃除した後は、次亜塩素酸ナトリウムで消毒をするようにしましょうね。

 

 

まとめ

個人差はありますが、辛い症状は2~3日続くと言われています。

この間は可哀想ですが、絶食するようにしましょう。

そして、症状が落ち着いた後もすぐに普通の食事に戻してしまうのではなく、温かくて食べやすい消化のいいものを与え、様子を見てあげるようにしましょう。

 

また、親が感染しないように予防対策を徹底的に行なうことも大切ですよ。

1日も早くお子さまの症状が落ち着きますように、お大事になさってください。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ