RSウイルス感染症の乳児の入院費や入院期間は?

1

 

冬になるとインフルエンザと並んで気になってくるのがRSウイルス感染症の流行ですよね。

乳児をお持ちのお母さんなら、この病気の名前を1度は耳にしたことがあるかと思います。

そんなRSウイルスは、乳児が感染すると重症化することもある危険な病気でもあります。

ですので、RSウイルスをきっかけに子供の初めての入院を経験したという子供をもつお母さん方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

初めての入院では、入院期間や入院費など心配なことも多いですよね。

そこで今回は、RSウイルス感染症での入院について、詳しく解説をしていきたいと思います。

突然の入院に慌てないためにも、流れなどを確認しておきましょう。


Sponsored Link


乳児のRSウイルスで入院になるのはどんな場合?

2

 

2歳までに100%の子供が感染した経験のあると言われているRSウイルス感染症ですが、乳児期に初めて感染した場合は重症化しやすいことで知られています。

主な症状としては、まずは鼻水が大量に出始めます。

その後、高熱が続き、呼吸も苦しそうな咳が出ることが多いようですね。

乳児は呼吸器の管が大人よりも細いので、すぐに詰まってしまいます。

 

また小さな子供は自分で鼻をかむことができませんので、鼻水が原因で鼻が詰まることもよくあることですね。

経験したことのあるお母さんもいらっしゃるでしょう。

これらの原因で呼吸が苦しくなり、呼吸が浅く回数が増えてしまうというわけですね。

いくら呼吸を増やしても、呼吸器の管が詰まってしまっていては肺に空気が入らないので、酸素濃度が低下してしまい、場合によっては突然呼吸が止まってしまうこともあるそうです。

 

そして、このような症状は体の小さな乳児では急激に進みます。

ですので、乳児のRSウイルスの場合は、重症化の可能性がありそうな時に入院を勧められることが多いようです。

特に、6ヵ月未満の乳児がRSウイルスに感染し、脱水や呼吸困難のためぐったりしているような場合には、入院する可能性は高いと考えておいた方が良いでしょう。


Sponsored Link


RSウイルスで乳児が入院した場合の入院期間や入院費は?

子供が入院した場合、心配なことはやはり病気の様子だと思いますが、少しずつ落ち着いてくると次は入院期間や費用などいろいろと心配になってきますよね。

RSウイルス感染症での入院期間は、その乳児の基本的な体力や重症化の程度によって変わってきます。

 

様子を見るために念のために入院ということも、様態が急変しやすい乳児ではよくあることです。

この場合には2~3日程度で退院することができるでしょうし、状態がよく治療効果が高く出た際は4~5日程度が多いようですね。

しかし重症化し免疫力が落ちてしまい、他の感染症にかかってしまった場合などには、1週間以上の入院になる可能性もあります。

何事も早く対応すれば、短期間で回復できることも多いといえるでしょう。

 

また入院費用に関しては、地域や病院、受けた治療などによって異なってきますのではっきりとした数字は出せませんが、5~7日の入院で5~10万円程度という意見が圧倒的ですね。

ただ、これはあくまで全額が5~10万円ということで、実際には乳幼児の医療費は自治体に一部負担してもらえるケースが多いです。

この制度は多くの自治体で取り入れられていますので、ネットや電話などでお住まいの自治体の制度を確認しておきましょう。

 

負担額は自治体によって異なりますが、2歳未満の乳幼児の場合は医療費が全額負担となる場合も多いそうですよ。

ですが、こういった制度は入院費を一度全額自分で支払って、後々還元してもらうというものが多いですので、お金自体は準備するようにしておきましょう。

あと注意が必要なのは、基本的に医療費のみが自治体の一部または全額負担であるので、別途個室代や食事代などは自己負担になります。

ですので、後で返ってくるからと、むやみに個室などをお願いしないように注意しておきましょう。

 

 

入院した場合に準備した方が良いものは?

3

 

乳幼児の入院は、診察してもらった時に突然決まることが多いようです。

夜中に突然急変し、夜間救急病院に駆け込んだらそのまま入院になったというのはよく聞く話ですね。

そして、そのようなことがよくあるためなのか、乳児のものはだいたい入院先で用意されていることが多いです。

 

また、治療の妨げになることもありますので、おむつや衣類など入院する乳児に関する私物に関しては、医師や看護師の指示に従いましょう。

病院によっては、全て病院側が出して後々お金を請求するという形式の場合もあります。

 

あと、もし乳児の入院に保護者の付き添いが必要な病院だった場合、実は不便なことが多いのは付き添いの大人の方です。

入浴ができなかったり、付き添いの親の食事は自分で準備しなければならなかったり、寝る場所が確保されていなかったり…といった具合ですね。

それぞれの病院で対応も違うでしょうから、わからないことは早めに質問しておきましょう。

 

別の病気ですが、私の子供が入院した時に役に立ったものは、バスタオルと本でした。

バスタオルはタオルとして使うだけでなく、赤ちゃんのおくるみ代わりにも、私の寝るときの布団代わりにも使うことができました。

あとは、乳児の入院での付き添いは待ち時間が多いので、何かしら病院でも使える暇つぶしの道具があれば良いかと思います。

治療中は看護師や病院のスタッフの方がやってくれますし、病状も安定してくればよく寝てくれます。

入院してすぐの病状が悪いときは何も手につかないでしょうが、安定して退院が近くなってくると余裕も出てきますので、準備しておくと何かと便利ですよ。

 

 

退院後に注意しておきたいことは?

ようやく退院ということでうれしい気持ちでいっぱいかと思いますが、退院後に知っておくべきことがあります。

RSウイルス感染症に乳児で感染し、もしも重症化してしまった場合は、その後普通の風邪などでも細気管支炎を併発しやすくなります。

そのため、子供の状態に関しては以前にも増して意識を向けておきたいですね。

RSウイルス自体も、何度も感染する感染症ですので、流行には注意しておきましょう。

 

また、RSウイルスが重症化した後は、喘息になるリスクも高くなります。

ご存知の通り、子供の喘息というのは非常に大変なものですので、主治医の指示に従って、感染症の予防に努めましょう。

 

 

まとめ

乳児の病気は、RSウイルスに限らず急激に変化することがあります。

受診したらそのまま入院になったということも、成人に比べて非常に多いですね。

乳幼児の子供であれば、RSウイルスの感染はなかなか避けられませんので、突然の入院に備えて、今回のような入院の流れを頭に入れておくと安心かと思いますよ。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ