子供のインフルエンザの熱が続く期間は?いつまで続くの?

1

 

子供がインフルエンザに感染してしまった場合、熱が続く期間はどのくらいなのでしょうか。

自分の症状をうまく言葉にできない子供だからこそ、あまり長い間続くと、心配になってしまいますよね。

そこで今回は、インフルエンザの熱がいつまで続くのかということを中心に、対処法や注意点についてお話していきたいと思います。


Sponsored Link


子供のインフルエンザの熱が続く期間はどのくらい?どう対処すればいい?

2

 

通常、インフルエンザは急に38℃以上の高熱がでて、それが3日程度続くことが特徴であるといわれています。

そして、発症をして5日、解熱して3日(幼児は3日)たたないと学校や幼稚園などに登校・通園できません。

これは学校保健安全法という法律で定められているからです。

熱がでたら、まずは病院を受診しましょう。

子供の場合、一部の解熱剤で「インフルエンザ脳症」や「ライ症候群」といった合併症を発症する恐れがあるため、自己判断での市販薬の服用は控えるようにしてください。

 

また、スポーツ飲料がおすすめですが、お茶やジュースなどで水分補給をこまめにすることもとても大切です。

食欲がないかもしれませんが、ヨーグルトやゼリーなどの食べやすいものや、おかゆや野菜スープなどの消化が良く温かいものを食べさせてあげましょう。

熱がでてつらい場合は、体を冷やすと効果的です。

頭や首のうしろを氷枕や冷たいタオルなどで冷やしてあげましょう。

他に、首のまわりや太ももの付け根、そしてわきの下などのリンパが集まっているところも同じように冷やしてあげるといいでしょう。

熱がでている時は、このリンパが活発に働いて熱をもっています。

そのため、この部位を冷やしてあげることで熱を下げることができるのです。


Sponsored Link


子供の熱が長引く場合の対処法は?

病院で処方された薬を飲めば、発熱などのつらい症状も少しずつ和らいでくるでしょう。

ただ、風邪のように熱がいったん下がれば回復に向かうのとは違い、インフルエンザの熱はとても厄介な場合があります。

子供の場合、1度下がったはずの熱がまたぶり返してしまったりする症状が見られることがあるのです。

この症状は二峰性発熱(にほうせいはつねつ)といい、子供や幼児に多くみられます。

また、熱が長引いてしまうこともあります。

熱が長引くということは、体がまだインフルエンザウイルスと闘っているという証拠です。

つまり、体内に今もインフルエンザウイルスがいるということです。

もしくは、インフルエンザの流行の時期であれば、ワクチンでは予防できなかった新たなインフルエンザに感染したことも考えられます。

いずれにしろ自己判断での薬の服用は避け、病院を受診するようにしましょう。

 

 

こんな症状には要注意!

それぞれ、インフルエンザの際に発症する可能性のある合併症とその症状を記載しておきます。

以下の症状があらわれた場合は、合併症を発症している疑いがありますので、参考にしてください。

 

  • インフルエンザ脳症

呼びかけに答えず、異常な言動が見られます。持続的な痙攣を起こすこともあります。

  • 中耳炎

耳を触ってばかりいたり、泣いてばかりいる様子が見られます。

  • 熱性けいれん

全身にけいれんが起き、意識がなくなります。また、唇が紫色になり、白目をむくこともあります。

上記のような症状があらわれた場合はすぐに病院を受診し、医師に症状を伝えるようにしましょう。

 

 

まとめ

子供のインフルエンザの熱が続く期間や、熱が長引いた際の対処法などをお話しましたが、いかがでしたか?

子供は熱があっても元気な場合があり、注意が必要です。

熱が下がらないうちはよく様子を見てあげるようにしましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ