大人のRSウイルス感染症!仕事は休むべき?

1

 

冬になると、インフルエンザと並んで流行するウイルスといえばRSウイルスですね。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではなじみのあるRSウイルス感染症ですが、実は大人も感染することをご存知ですか?

 

風邪と似た症状なので、気が付かないこともあるそうです。

そこで今回は、大人がRSウイルスに感染した場合の症状などについて、解説をしていきたいと思います。

仕事は休むべきなのか?といったことについても触れていますので、ぜひお役に立ててくださいね。


Sponsored Link


大人でもRSウイルスに感染することはあるの?

子供の感染症だと思っている方も多いかもしれませんが、実は大人でも感染します。

乳幼児では高熱が長く続いたり、ひどい咳が出たりと、怖い感染症のイメージがあるかもしれませんね。

確かに、RSウイルスが原因で発症するRSウイルス感染症は、子供が2歳までに100%感染するといわれている感染力の強いウイルスです。

 

ただ、同時に感染を繰り返すと免疫がついてくるという特徴もあるんですよね。

ですので、感染した経験があり体力のある大人の場合は、乳幼児のような激しい症状が出ることはかなり稀と言えるでしょう。

具体的には、4~6日の潜伏期間の後に鼻水などの諸症状が出たり軽い咳が出たり、場合によっては微熱が出たりといった程度の症状になることがほとんどです。

症状を見ても分かる通り、一般的な風邪とほとんど見分けがつきませんよね。

 

実際、医療機関でも専用の検査をしなければ、RSウイルス感染症だと診断ができません。

そして仮に診断が出ても、RSウイルスに対する特効薬はありませんので、治療は風邪と同じです。

大体は解熱剤や咳止めなどをもらって、自宅で安静にすることを指示されるでしょう。


Sponsored Link


大人がRSウイルス感染症にかかったら仕事はどうする?

2

 

子供の場合、熱が続いたりひどい咳が出たりするので、当然学校や幼稚園を休むことになりますよね。

ですが、症状の軽い大人のRSウイルス感染症の場合はどうすればよいのでしょうか。

 

大人の場合は、症状が軽く仕事にも支障がないようであれば、出勤してもかまわないと考えて良いでしょう。

感染力が強く、冬場に流行するRSウイルスですが、予防法はマスクや手洗いうがいなどの一般的に言われているものと同じです。

そのため、RSウイルス感染症かな?と思ったら、周りに感染させないためにもマスクをして、手洗いうがいを頻繁に行いましょう。

 

ただ、これはあくまで症状が軽い場合の話です。

咳や鼻水、熱などの症状がひどい場合は、いくら大人とはいえ症状が悪化する危険性も0とは言えません。

ですので、普通に動いていると辛いのであれば、仕事を休んでゆっくりと休むのも大切なことですよ。

 

なお、体力が低下している持病がある(特に呼吸器系の病気)1度に大量のRSウイルスに感染したなどの場合には、大人といえども重症化のリスクが上がります。

重症化の際の症状としては、主に肺炎や気管支炎などが考えられますね。

もし、咳がひどい呼吸が浅く早くなる呼吸困難呼吸時に「ぜーぜー」と音がするなど、肺炎を疑うような症状が出た場合は、すぐに受診して仕事は休むようにしてください。

 

 

仕事を休む際には会社にはどんな風に伝えれば良いの?

RSウイルスで仕事を休む場合は、まず職場の上司に連絡を入れましょう。

現在の体調などの説明をし、病院に行ったのであれば病院に行ったことも説明しておくと良いですね。

その上で、今日1日休みたいと伝えれば良いでしょう。

 

もしまだ病院に行っていないのであれば、ひとまず体調を説明した上で朝を遅出にさせてもらい、病院を受診することをおすすめします。

さすがに病院に行くなというのは非人道的なので、普通そのように言われることはないかと思いますよ。

 

 

休みにくい会社の場合の伝え方のポイントは?

3

 

ただ、職場自体が休みにくい環境であったり、職場への迷惑が気になってなかなか休めないという方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合は、まず病院を受診した上で、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

その上で医師が「休みましょう」と言えば休めば良いですし、「出勤しても良いですよ」と言えば出勤すれば良いのです。

どうしても休みにくい場合は、医師の診断書もあれば完璧ですね。

 

当たり前ですが、通常であれば医師の診断を会社は無視できません。

医師が休んだほうが良いと言っているのに無理に出勤させては、何かあった時に責任が取れないからですね。

ですので、病院を介して「医師に休むよう言われた」と伝えるのが、一番効果的というわけです。

 

また、大人にとっては軽い症状でも、子供にとっては重症化のリスクも高く、死亡率もインフルエンザより高いといわれているのがRSウイルス感染症です。

そんなウイルスが職場で広まってしまえば、次に危険が迫るのは職場の方のお子さんでもあるわけですよね。

ですから、そういった感染の危険性についても合わせて説明しておくと、より休みやすくなるかと思いますよ。

 

 

まとめ

子供のRSウイルス感染症については、小児科などでよく耳にしたり注意を見かけたりしますが、大人も感染するといったことには驚かされますね。

いつもの風邪だと思っていても、実はRSウイルス感染症である場合も考えられるのです。

 

軽い症状で生活にも支障がないこともあるでしょうが、感染させる力は強いこと、子供では重症化し死亡例もあること、大人でも肺炎や気管支炎など重症化することもあることなど、決してあなどってはいけない感染症です。

ですので、出来るだけしっかりと体を休めて、他人や家族にもうつさないように注意しましょう。

誰かにうつしてしまわないためにも、マスクと手洗いうがいで予防はしっかりとしておいてくださいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ