インフルエンザの関節痛を緩和する方法!和らげるポイントは?

1

 

毎年冬の乾燥した季節がやってくると、インフルエンザウイルスが流行し始めますよね。

インフルエンザウイルスに感染すると、高熱や倦怠感、関節痛、筋肉痛等など、風邪ではあまり起こらないような全身症状に悩まされるかと思います。

特に関節痛は、安静にしているのもつらい程の痛みがありますよね。

 

そこで今回は、このつらい関節痛を緩和する方法をご紹介していきたいと思います。

痛みを和らげるにはどういった方法があるのか、見ていきましょう。


Sponsored Link


インフルエンザの関節痛は緩和することが出来る?

インフルエンザの関節痛は、安静にしていたくても痛みでゆっくり寝ることも出来なくなってしまうほどに辛いですよね。

この関節痛、結論から言うと消すことは難しいですが、緩和することは可能です。

 

インフルエンザで起こる関節痛の原因は、他の関節の病気とは違い、ウイルスを撃退しようと免疫機能が働く事によって起こっています。

免疫機能は高熱になると活発に働く傾向にあるので、熱を出すことで免疫力を高めているわけですね。

ただ、この時に分泌される体内物質が原因で体に炎症が起こり、炎症の起こった部分に痛みが出てしまうのです。

つまり、炎症を抑えることが出来れば、痛みを緩和することが可能ということですね。


Sponsored Link


具体的に関節痛を和らげる方法は?

2

 

では具体的に、どうすればこの関節痛を和らげることは出来るのでしょうか?

痛みを和らげるには、主に二つの方法があります。

 

まず一つ目は、痛む箇所をアイスノンや保冷剤で冷やしてあげる事ですね。

先ほどもお伝えした通り、インフルエンザで関節痛が起こっている時というのは、ウイルスを撃退しようとした結果、体の中で炎症が起こっている状態です。

炎症が起こっている状態というのは、一言で言えばスポーツで怪我をした時の状態と近いと考えてください。

細かいことを言えば原因は異なるのですが、結果として炎症が起こる点では同じですね。

 

そして炎症というのは、簡単に言えば血管が拡がり、血の巡りが良くなっている状態と言えます。

つまり、痛みの出ている場所を冷やすことでこの血管を縮め、結果として炎症の症状が落ち着くというわけですね。

炎症が落ち着けば、痛みももちろん和らぐというわけです。

 

そしてもう一つの方法は、解熱鎮痛剤の服用ですね。

これは冷やしても痛みが治まらない、痛みが酷すぎるといった場合などに利用するのが良いでしょう。

 

ただ、インフルエンザの時の解熱鎮痛剤は、ものによっては合併症を引き起こす可能性があります。

服用には細心の注意が必要ですので、基本的には病院で処方してもらうことが望ましいですね。

とはいえ、病院に行く暇がないという方もいるかと思います。

そういった場合は、成人の人に限り、アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの成分が含まれた市販薬を利用すると良いですね。

未成年のお子さんや高齢者の方は、合併症を起こしやすいですので、病院での適切な処置を受けるようにしてください。

 

なお、以上の2つの方法は、どうしても我慢出来ない時のみにするのが良いでしょう。

インフルエンザの関節痛というのは、身体がウイルスを撃退する結果として出ている症状なので、むやみに冷やしすぎてしまうと症状が長引く可能性があります。

ですので、痛くて眠れない、どうしても我慢できないといった時だけ、今回お伝えした方法を試してみて頂ければと思います。

 

 

関節痛を和らげる際の注意点は?

3

 

まず、関節痛の部位を冷やす際の注意点としては、冷やし過ぎないことですね。

先ほどもお伝えした通り、結果として症状が長引く可能性もありますし、冷やしすぎると軽い凍傷などを引き起こす可能性もあります。

そのため、ある程度痛みが楽になったら冷やすのはやめるように心がけましょう。

 

また、解熱鎮痛剤を服用する際の注意点としては、決して自己判断で薬を服用させないということです。

特に、親が子供に解熱剤を服用させてしまうケースですね。

先ほども簡単にお伝えしましたが、子供や高齢者は元々の免疫力が低いため、うっかり熱を下げてしまうとインフルエンザの増殖が止まらず、重症化してしまう危険があります。

仮に成人の方の場合でも、持病を持っていたり体が弱い方であれば注意が必要ですね。

こういった場合は、必ず病院で処方された解熱鎮痛剤を使うようにすると安心です。

 

医者としてはこういった飲み合わせは常識的なことなので、話を聞けば詳しく教えてくれるはずですよ。

あとは、もし市販薬を利用する場合は、含まれる成分に必ず注意するようにしてくださいね。

 

 

まとめ

インフルエンザの関節痛は、少しでも早くウイルスを退治しようと体が頑張っている証拠です。

そのため、むやみな痛みの緩和は避けたいところですが、痛みがひどい場合は話が別です。

我慢しすぎも良くありませんので、痛みがつらい場合は今回お伝えしたような対処法をぜひ試してみてくださいね。

そして、あまりにひどい時は病院で医師の診断を受けることも忘れないで下さい。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ