インフルエンザB型の症状!下痢や咳がひどいこともある?

1

 

インフルエンザといえば高熱をイメージする方も多いと思いますが、熱よりも下痢や咳がつらい症状であるインフルエンザもあるのはご存知ですか?

インフルエンザB型は、通常のインフルエンザを想像しているとインフルエンザと気が付かないこともあり、注意が必要です。

特徴的は症状を覚えておけば、早くインフルエンザB型に気が付くことができ、正しい対処法で回復も早くできますよね。

そこで今回は、インフルエンザB型のつらい下痢や咳の特徴や対処法をご紹介していきましょう。


Sponsored Link


インフルエンザB型の症状は?

インフルエンザウイルスB型は、感染して2~3日間の潜伏期間の後、発症します。

ここは、いわゆるインフルエンザと特に変わりはありませんね。

症状としては、高熱、全身の倦怠感、悪寒、節々の痛み、頭痛といった一般的に知られているインフルエンザの症状のほかに、消化器に影響が出やすいことが特徴です。

一般的なインフルエンザの症状に加え、激しい腹痛や下痢がある場合には、インフルエンザB型である可能性が高いといえるでしょう。

 

また、インフルエンザA型では熱などの症状が落ち着いた後に鼻水や咳などの症状がでてきますが、インフルエンザB型では初期症状として鼻水や咳といった風邪のような症状がでることもあります。

風邪と勘違いしやすいですが、その後に高熱が出るようであれば、こちらもインフルエンザB型の可能性は高いと言えるでしょう。


Sponsored Link


インフルエンザB型で下痢や咳がひどいこともある?対処法は?

2

 

先ほども説明した通り、インフルエンザB型では下痢や咳が症状としてあげられます。

免疫力が低くてウイルスの増殖がひどい場合は、下痢や咳がひどくなる可能性も十分に考えられますね。

ただ、これらの症状はインフルエンザウイルスが原因ですので、ウイルスが体内に少なくなっていくと症状は落ち着いていきます。

抗インフルエンザ薬を医師に処方してもらうと、回復が早くなるでしょう。

 

ここで注意しておきたいのが、下痢止めの使用についてですね。

インフルエンザの下痢というのは、下痢をすることでお腹の中からウイルスを排出しようとしているので、下痢止めを使用するのは逆効果になる可能性があります。

そのため、水分補給を行いつつ、トイレには我慢せずに行くようにしましょう。

 

また、口からの水分補給のみでは、激しい下痢の場合だと小さなお子さんや体力に自信のない高齢者の方などは脱水の心配があります。

その場合、点滴で脱水を防ぐこともできますので、主治医の指示に従いましょう。

 

3

 

その他、激しい咳は体力を消耗させ、安静の妨げになります。

せっかく寝付いたのに激しく咳込んでしまって、目が覚めた経験がある方も多いのではないでしょうか?

横になると鼻水が喉に流れ込みやすくなり、ウイルスの増殖により敏感になっている喉を刺激して咳が出てしまいます。

そのため、枕に背中あたりから乗り、上半身が緩やかに傾くようにして寝る、または横向きに寝ることにより、鼻水が喉を刺激するのを避けて咳を防ぐことができますよ。

 

また、口呼吸で喉の水分が奪われたり、冷たい空気が喉に当たったりすることでも、それが刺激になって咳が出やすくなることがあります。

ですので、水分をこまめにとる、マスクをつける、室内の湿度をたもつなど、喉のケアを行うようにしましょう。

 

どれも試したけど咳がつらいという方には、ハチミツがおすすめですよ。

ハチミツには咳を鎮める効果があります。

暖かい飲み物にハチミツを入れて飲むと、体も温まりますし、水分補給や喉のケアにもなり一石二鳥ですね。

ただし1歳未満の子供にハチミツを与えないようにしましょう。

 

 

インフルエンザB型でその他に注意することは?

インフルエンザB型で他に注意することとしては、発見が遅れないようにすることですね。

通常インフルエンザといえば高熱なので、高熱が突然出た場合は早くにインフルエンザだと気が付くことができますよね。

しかしインフルエンザB型は、初期症状に鼻水や咳など、一般的に言われている風邪の諸症状が見られます。

 

また、熱が出ない場合や微熱程度しか出ない場合もあり、インフルエンザだと気が付くのが遅れてしまいがちです。

ここで覚えておきたいのが、インフルエンザが発症してから48時間以内でないと、抗インフルエンザ薬を服用しても高い効果が期待できないという点ですね。

そのため、早期に気付かなければ、結果的に回復に遅れが出るということになりかねません。

早くにインフルエンザB型と気が付くためには、微熱程度でもいつもと違った悪寒があるかどうか?全身の倦怠感があるかどうか?といった、症状の細かい部分をチェックしておくことが重要になります。

 

そして一番大切なことは周りで流行しているかどうかの情報です。

インフルエンザは感染力の強い流行性感染症なので、周りにインフルエンザの人がいるという情報を知っておくだけで、もしかしてインフルエンザかも?と気が付くことができますよ。

 

 

まとめ

インフルエンザは、予防が大事な感染症だということはよく知られていることですね。

しかし感染してしまったときは、早く気付いて対処することが早く回復できるポイントになります。

早く気が付けるように、インフルエンザの正しい知識を身に着けておくだけで、万が一感染してしまった時も冷静に対処できると思いますよ。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ