インフルエンザA型とB型の予防接種の効果は?注射後は痛い?

1

 

秋ごろになると医療機関ではインフルエンザの予防接種についてお知らせが出ますね。

インフルエンザの予防接種はその年に流行するインフルエンザを予測して作ったワクチンなので、毎年接種しないと効果がありません。

インフルエンザにはA型とB型がありますが、どちらが流行っても問題ないようになっているようです。

ただこのインフルエンザの予防接種、意外と効果については知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、インフルエンザの予防接種の効果や、注射後は痛いのか?といった部分について、詳しくお話していきたいと思います。


Sponsored Link


インフルエンザの予防接種はA型・B型どちらにも効果的?

インフルエンザの予防接種は、その年に流行すると予測した複数のワクチンを混ぜて作っています。

特に2015年度からは、インフルエンザA型2種類インフルエンザB型2種類の4種類のワクチンを混ぜて作られていますので、インフルエンザA型B型のどちらのウイルスが流行っても予防効果が期待できますよ。

ただ、一口にインフルエンザA型・インフルエンザB型と言っても、実際にはその中に様々な種類が存在していますので、予想が外れてしまう場合もあります。

そのため、予防接種を受ければ大体の場合で効果的ではあるのですが、100%効果があるというものではないことを覚えておきましょう。

 

インフルエンザウイルスにはどんな効果が期待できるの?

2

 

インフルエンザワクチンは、重症化しないようにするという特徴があるもので、実はインフルエンザに感染しなくなるものではありません。

発症しても高熱が出なかったり、軽い症状で済んだりするためのものと捉えておきましょう。

特に重症化しやすい高齢者や乳幼児に接種を勧められるのはこのためですね。

 

注意点としては、インフルエンザの予防接種をしてから効果が出るまでの期間です。

効果が出るまでに2週間程度かかりますので、インフルエンザが流行しだしてから接種するのは対策として不十分ですね。

予防接種の2週間後から5か月間は効果が持続しますので、秋頃から予防接種のスケジュールを立てておくとよいでしょう。

病院に普段から通っている方であれば、大体10~11月頃に接種を勧められると思いますよ。


Sponsored Link


子供の予防接種はなぜ2回行われるの?

3

 

インフルエンザの予防接種は、年齢によって接種の回数が異なります。小さいお子さんをお持ちの方ならよくご存じですよね。

ただ、その理由を知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

子供でワクチンの量が少ないから2回接種?1回の接種では効果がない?と思われている方もいらっしゃるかとおもいますが、実はどちらも間違いなんです。

6か月以上3歳未満の乳幼児に関しては1回の接種量は大人の半分ですが、3歳以上13歳未満は大人と同じ量を2回接種しているんですよ。

これは、インフルエンザワクチンが不活化ワクチンと呼ばれているもので、1回の接種では免疫が付きにくいためなんですね。

 

1回目の接種では、1ヶ月程度で免疫力が下がってきてしまいます。

そのため、2~4週間後、理想としては4週間後にもう一度接種するという形になります。

こうすることで、下がっていた免疫が再び活性化し、長く持続する免疫を作り出すことができるというわけですね。

 

13歳以上が1回の接種でよいのは、以前にインフルエンザに感染した時に獲得した免疫を呼び戻すだけでよいからです。

ただ、13歳以上でも予防接種の効果を確かなものにしたい、持病などで免疫機能が低いなどの場合には、2回接種することも可能ですので主治医に相談しましょう。

 

また、当然ですが予防接種を1回でも受けておくことは、まったく受けていないよりも多少の効果は期待できます。

インフルエンザの予防接種は、特に乳幼児にとっては重症化を防ぐためにも重要なものです。

ただし、重いアレルギーのあるお子さんは副作用が起こる可能性もありますので、必ず医師の指示に従ってくださいね。

 

 

インフルエンザの予防接種を受ける際のポイントは?

まず、予防接種は各医療機関によって料金が異なりますので、事前に問い合わせたほうがよいでしょう。

その際、料金のほかに、予約が必要か?予防接種の時間は決まっているか?書類は必要か?などを質問しておくと安心です。

小児科などでは、予防接種を受けに来た元気な子供がほかの患者さんと接触しないように、予防接種の時間が決められているところや、入り口や待合室が別のところもありますので確認しておきましょう。

 

また、子供だけで予防接種を受けに行く、保護者ではない人が連れていく場合、同意書などが必要になることがありますので、こちらもあらかじめ聞いておくと良いですね。

当日は医師の指示に従って予防接種を受けた後、接種後30分は急激な体調の変化に注意しながら、その後は激しい運動を控えて過ごしましょう。

これは激しい運動で体調が変化していまい、予防接種による副作用との判断が付きにくくなってしまわないためでもありますし、免疫を作るのに十分な体力を残しておかないと予防接種の意味がなくなってしまうためでもあります。

 

また、入浴は1時間後から可能ですが、接種部を強くこすらないように気を付けてくださいね。

 

 

予防接種は痛いって本当?

注射と聞いたり針を見ただけで「痛い!」と思ってしまう方も多いですよね。

予防接種は痛いと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし予防接種の針は、採血のときに使われるものより細いものが使用されます。

針は細ければ細いほど痛みが少なくなります。

現在開発されている針は、蚊が刺したくらいにしか感じないものまであるそうですよ。

 

また、予防接種は皮下注射です。

血管に入れるものではありませんので、血管を探して針を動かされ、痛い思いをする心配もありません。

つまり、注射自体の痛みは他の注射に比べればそれほどでもないということですね。

 

あと、注射が上手い・下手とよく言いますが、実は「運」に関する部分が大きいことをご存知ですか?

皮膚には痛点といわれる痛みを感じる点が無数に点在しています。

目にも見えませんので、その痛点にたまたま針が刺さると痛い思いをしてしまいます。

ですので、注射で痛い思いをするのはある程度は運といってもいいでしょう。

 

ただ、それでも痛いのが嫌な方は、刺される部分をぎゅっとつまんでおいてください。

1分ほどつまんでおくと間隔がマヒし、痛みを感じにくくなりますよ。

 

あとは、予防接種後に腫れや痛みが出る方もいますが、こちらは予防接種による副作用ですね。

アレルギー症状の1種ですが、通常2~3日おいておけば徐々に治まります。

注射時の痛みと違って、極端に痛くなるという方は稀ですね。

もし痛みがひどい場合は、保冷剤やアイスノンなどを使って患部を冷やせば大分楽になりますので、こちらも覚えておきましょう。

 

 

まとめ

今回は、インフルエンザの予防接種についてご紹介してきました。

予防接種は感染した際の症状をかなり抑えることが出来ますので、免疫力の低い子供や高齢者の方は必ず受けておきましょう。

注射や注射後の痛みが気になる方も、ぜひ今回ご紹介した方法で痛みを抑えてみてくださいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ