インフルエンザA型の症状で熱が出ない、低いことはある?

1

 

インフルエンザA型の症状といって思いつくのは、高い熱があげられると思います。

しかしインフルエンザが疑われるにも関わらず、熱が低い場合や、熱が出なかったりすることがある方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、そんなインフルエンザっぽいのに熱が低い・熱が出ない人のために、熱が出ない原因や対処法などをお伝えしていきたいと思います。

まだインフルエンザにかかっていない方も、こういうケースがあることを知って、流行に備えておきましょう。


Sponsored Link


インフルエンザA型で熱が出ない・低いことはある?

2

 

高熱が特徴のインフルエンザA型ですが、実は熱が出なかったり、微熱程度だったりすることがあります。

これには主に2つの原因が考えられますね。

 

まず一つ目は、潜伏期間中に身体の異変に気付いて、風邪薬などを飲んでしまったケースです。

インフルエンザは大体2~3日の潜伏期間の後に発症するのですが、通常この期間には症状らしい症状は現れません。

しかし、自分の身体に敏感な方は、この潜伏期間中に身体の違和感に気付いてしまうことがあるんですよね。

それを「風邪かな?」と思って、市販の風邪薬などを飲んでしまうと、風邪薬の解熱作用によって熱が出ない、あるいは微熱といった風になるわけです。

 

また、2つ目のケースとして、インフルエンザワクチン(インフルエンザの予防接種)を受けていた場合も、ワクチンの作用で熱が出にくいことがあるので注意しておきましょう。

ワクチンはインフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあるので、結果としてインフルエンザの症状自体が軽くなります。

そのため、この場合は熱に限らず、その他の症状も軽いことが多いですね。

つまり、あらかじめ風邪薬を飲んでいたり、ワクチンを接種していた場合などは、インフルエンザA型でも熱が低い、あるいは出ない場合もあると考えて良いでしょう。


Sponsored Link


自分の症状は本当にインフルエンザ?

しかし、高熱が出ないとなると、自分がインフルエンザなのかどうか分かりにくいですよね。

そこで、「熱があまり出ないけどインフルエンザが気になる・・・」という方は、以下の症状などがあるかどうかを確認してみましょう。

 

  • 全身の倦怠感、悪寒があるか?
  • 体の節々の痛みがあるか?
  • 脈がいつもより早くないか?
  • 周りでインフルエンザが流行していないか?

 

こういった症状あるいは状況があるのであれば、例え熱が出ていなかったとしてもインフルエンザを疑った方が良いですね。

インフルエンザを確定するためには病院へ行くしかありませんので、まずは病院で検査を受けるようにしてみましょう。

 

 

熱が出ない場合のインフルエンザの治し方は?

3

 

熱が出ない場合のインフルエンザでも、基本的な治し方は変わりません。

一般的なインフルエンザと同様に、医療機関を受診すると抗インフルエンザ薬を処方されます。

自宅では水分補給をこまめに行いながら、安静にして過ごすことが大切ですね。

熱が出ていないからと動き回ってしまうと回復が遅れる傾向にあるので、仮に身体が楽だとしても寝ておくようにしましょう。

 

また、インフルエンザウイルスが繁殖しないよう、部屋は十分に加湿しておきましょう。

ウイルスは高湿度を嫌うので、他の家族の方にもうつりにくくなりますよ。

 

 

普通に熱が出る場合に比べて何に注意すればよい?

まず、インフルエンザの特徴といえる高熱が出ないので、インフルエンザだと気が付くのが遅れてしまう可能性があります。

ここで、ただの風邪だと思って普通に生活してしまうと、周りの家族にも感染さてしまいかねませんよね。

そのため、仮に熱が出なくても違和感があるようであれば、先ほどお伝えした自分がインフルエンザか気付くためのポイントをチェックするようにしておきましょう。

早めに気付くことで、インフルエンザの悪化や他の人への感染も避けることが出来ますよ。

 

また、普通に高熱が出ていれば、大抵の人は安静にして過ごすと思うのですが、日本人ゆえなのか、熱が低いとどうしても動いてしまいがちです。

しかし、ここでむやみに動いてしまうと回復が遅れるばかりか、他人にうつしてしまう可能性が高まってしまいます。

インフルエンザ中の料理などは、その典型例ですね。

ですので、体が動くからといって、決して無理をして動いてしまわないように注意しましょう。

 

 

まとめ

インフルエンザといえば高熱と言っていいほど、高い熱が出ることは有名な症状ですが、その熱が出ないこともあるのは驚かされますよね。

微熱ならともかく、熱が出ない場合はどうしてもインフルエンザに気付くのが遅れてしまいがちです。

そのため、普段からインフルエンザの流行情報はチェックしておき、少しの体調の変化でも気がつけるようにしておきましょう。

 

また、小さな子供や高齢者の方は、大抵重症化を防ぐためにインフルエンザワクチンの接種をされていると思いますが、接種したからといって感染しないわけではないので、こちらも気を付けておくと良いですね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ