インフルエンザA型、B型の熱の期間の違いは?何日続くの?

1

 

熱が高い、何日も休む、流行の期間が長いなど、いろいろな特徴があるインフルエンザですが、よく耳にするインフルエンザA型、インフルエンザB型のそれぞれの違いをご存知ですか?

熱が出る期間や症状などに違いはあるのでしょうか?

今回は、インフルエンザA型・B型の違いに注目しながら、熱が出る期間や早く治すポイントを確認していきましょう。


Sponsored Link


インフルエンザA型とB型それぞれの熱の続く期間は?

2

 

インフルエンザA型もB型も、どちらも感染力が高く、一度流行すると爆発的に感染が広がっていきます。

どちらもインフルエンザウイルスに感染し、2~3日の潜伏期間の後に発症します。

高熱が出た場合、熱は2~5日間くらいだといわれていますね。

インフルエンザを発症して5日以上高熱が下がらない場合は、合併症の疑いがありますので、医療機関を受診してください。

 

ここで注意していただきたいのは、高熱が出なかった場合です。

インフルエンザB型に感染した場合、熱が出なかったり、微熱だったりすることがあります。

このとき、インフルエンザだと気づきにくく、風邪だと思って普通に生活してしまいがちです。

そしてインフルエンザを長引かせてしまうという結果になってしまうわけですね。

インフルエンザB型は初期に熱が出ないこともあり、早く気が付かなかった際は長引いてしまうこともあると覚えておいてください。


Sponsored Link


具体的にはそれぞれどんな推移を辿るの?

3

 

では具体的にどのような経過をたどって回復していくのでしょう?

インフルエンザA型に感染した私の子供の経験と、インフルエンザB型に感染した私自身の経験をご紹介します。

 

まずインフルエンザA型に感染した私の子供ですが、はじめは突然の熱でした。

子供は突然熱を出すことも多いですので自宅で様子を見ていましたが、あっという間に38℃を超えてしまい、本人は「寒い」「体が痛い」とがたがたと震えていました。

これはインフルエンザだと思い、翌朝小児科を受診しタミフルを処方されました。

 

熱は39度近くまで上がり辛そうでしたが、上がりきってしまうと多少は楽な様子でした。

3日目の朝、平熱になったので安心していると、夕方から熱が上がり始め、夜にはまた38℃の熱になりました。

後から知ったのですが、これはインフルエンザに特徴的な熱で「二峰性発熱」と呼ばれているものだそうです。

次の日は微熱程度で、5日目には熱は下がりました。

 

次にインフルエンザB型に感染した私の体験をご紹介します。

ある朝、突然起き上がれないほどの倦怠感に襲われました。

熱は微熱程度ですが、体は動かせないほど辛い上に、ひどい腹痛と下痢に襲われました。

始めはおなかの風邪や胃腸炎だと思っていましたが、少し変だと感じて受診するとインフルエンザB型と診断されました。

 

ただ、熱は微熱程度しか出ず、下痢が治まると比較的体も動かせる程度だったために、家事などで動いてしまいました。

だからなのか、なかなか微熱が下がらず、完治してからも体調がなかなか戻らなかったのを覚えています。

回復が遅れてしまったり、予後が悪かったりしたのは、微熱程度だからと安静にしなかったからだと反省しましたね。

 

 

A型・B型の熱を少しでも早く治す方法はある?

4

 

インフルエンザの特徴でもある高熱を早く治す方法ですが、これは安静が一番大事であると思います。

一番に思いつくのはインフルエンザ薬だと思いますが、この薬にはインフルエンザウイルスを消してしまうような効果はありません。

インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きをするのがインフルエンザ薬です。

 

では、インフルエンザウイルスはどうやって体内から消えるのかというと、実は人間の免疫機能によるものなんですね。

その免疫機能が一番よく働くことのできるのが38度だということを知れば、インフルエンザの際に高熱が出る理由が納得して頂けるかと思います。

ですから、解熱剤などでむやみに熱を下げるより、水分補給を行いながら寝て過ごすのが一番良い方法だといえるでしょう。

そんなに寝ていられない!という方も、横になり目を閉じているだけでも効果はありますので、インフルエンザだと診断されたら、たとえ微熱であっても安静に過ごしましょう。

 

 

まとめ

熱が続く期間はインフルエンザA型・B型どちらも2~5日程度で、B型は高熱が出ない場合もあるということでしたね。

インフルエンザのウイルスの型による熱が出る原因の差異はありません。

そのため、どちらも安静に過ごすのが一番の対処法と言えますね。

少しでも早く辛い症状から解放されるためにも、水分補給と安静を心がけましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ