インフルエンザA型、B型で熱が下がらない!上がったり下がったりはいつまで続く?

1

 

インフルエンザといえば高熱ですよね。

インフルエンザA型は感染力が強く、高い熱が特徴ですが、インフルエンザB型は熱に加えてお腹に症状が出やすいという特徴もあります。

ずっと熱が下がらないと思っていらっしゃる方も多いと思いますが、実は熱が上がったり下がったりを繰り返して回復に向かっていくパターンが多いようですね。

インフルエンザA型もインフルエンザB型も熱が下がらないことへの対処法は基本的には変わりません。

今回はインフルエンザの下がらない熱について、原因を見ていきながら対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


Sponsored Link


インフルエンザA型で熱が下がらない場合の原因は?

インフルエンザウイルスは、感染してから2~3日間の潜伏期間の後、高熱や全身の倦怠感、悪寒、関節痛などといった特徴のある初期症状がでます。

この初期症状の一つ一つに理由がありますが、今回は高熱について説明していきましょう。

 

この熱は、実は体がインフルエンザウイルスと戦うために必要な熱なのです。

だいたい38℃以上あれば、身体がウイルスと戦うのに最適な体温だといわれています。

そのため、インフルエンザウイルスと戦っている時は身体としても熱は下げられないのです。

つまり、熱が下がらないという現状は、インフルエンザウイルスと身体がまだ戦っているために起こっていると考えられますね。

体内からインフルエンザウイルスが減って、症状が出るほどの量ではなくなった時には、少しずつ体温が下がってきますので、治ってきた目安としても分かりやすいかと思います。


Sponsored Link


熱が上がったり下がったりする理由は?

2

 

子供がインフルエンザに感染して熱が出た場合、朝は元気(平熱)だったのに夕方から元気がなくなってきて、夜にはまた高熱が出たという経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

大体のお母さん方は「ちゃんと寝てないから!」「病気でも動き回ってしまって…」と子供さんが安静にしていないからだといわれます。

確かに、安静は回復するためにとても重要なことなのですが、実はインフルエンザの熱は二峰性発熱と呼ばれ、朝は平熱だったのに半日~1日後にまた発熱するのが特徴です。

これは原因がまだはっきりしていませんが、子供の免疫機能が未熟であるために起こると考えられています。

 

子供に多く見られる症状ですが、もちろん免疫力が低下していた場合には大人でも起こると考えられます。

そのため、熱が下がってもすぐに外出したり体を動かしたりすることは避けましょう。

 

 

インフルエンザB型で熱が下がらない場合の原因は?

インフルエンザB型でも、先ほどご紹介したインフルエンザA型と同じです。

インフルエンザB型の場合は、消化器にも症状が出ることがあり、激しい下痢などによって体力の消耗は激しくなる場合があります。

 

また、インフルエンザB型は微熱程度しか熱が出ない場合もあり、インフルエンザと気が付かず対応が遅れることにより、インフルエンザを長引かせる=熱が長引くといったことになりがちでもあります。

周りでインフルエンザが流行りだしたと聞かれたら、何型が流行っているのか?どんな症状が出ているのか?といった情報を集めておくと、早急に対応することができますので、小さいお子さんがいる家庭は情報収集をお勧めします。

こちらも二峰性発熱の可能性がありますので、解熱したからといってすぐに治ったと判断するのは避けましょう。

 

 

A型・B型それぞれの熱が下がらない場合の対処法は?

3

 

インフルエンザA型もB型も、熱が下がらない場合の対処法は同じです。

発症直後から出る高熱は、だいたい38~40度くらいですが、先ほど説明しました通りウイルスと戦うために必要な熱ですので、解熱剤でむやみに下げるのはお勧めできません。

代わりに身体を冷やすのがおすすめですね。

頭や首、わきの下、股関節など大きな血管がある場所一部を冷やすと楽になります。

 

また、熱が上がりきると大量の汗も出ますので、水分補給をしっかり行いましょう。

体が動くようであれば、汗を拭いたり着替えたりすることも忘れないでくださいね。

 

あと、インフルエンザで恐ろしいのは合併症です。

熱が5日以上下がらないときは合併症を起こしている可能性があります。

そのため、5日以上熱が続いた場合は必ず医療機関を受診してください。

 

また38度以上の熱でぐったりしている場合40度を超えてしまった場合、必要以上の熱で体力を奪われてしまったり、体に悪影響が出てしまったりする可能性がありますので医師から処方された解熱剤を使用しましょう。

ちなみに、インフルエンザB型は下痢が症状としてありますが、これは体内のウイルスを外に出すためです。

ですが、一緒に体内の水分が急激に排出されます。

口からの水分補給では間に合わないこともありますので、医師の指示に従い点滴などの処置も検討してください。

 

 

まとめ

熱はインフルエンザの症状としてわかりやすく、一般的にも下がったことが回復の目安になりやすいものです。

熱が下がらないと心配になって、何度も受診したり解熱剤を使用したりしてしまいがちですが、熱の原因や対処法をしっかり理解して、熱を見極めていきましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ