インフルエンザの背中の痛みの原因は筋肉痛?

1

 

毎年寒くて乾燥する時期になると、インフルエンザが流行り出しますよね。

厄介な症状が多いのが特徴のインフルエンザウイルスですが、中でも厄介なのが体の痛みです。

筋肉痛のような背中の痛みを伴う場合もよくありますが、この背中の痛み、原因は一体何なのでしょうか?

今回は、このインフルエンザによる背中の痛みについてお話していきたいと思います。


Sponsored Link


インフルエンザの背中の痛みは筋肉痛?原因は?

2

 

インフルエンザの最中に起こる背中の痛みですが、これには大きく分けて以下の3つの原因があると考えて良いと思います。

 

  • インフルエンザの症状によるもの
  • ウイルスを撃退する免疫機能によって起こるもの
  • インフルエンザをきっかけとして起こる病気によるもの

 

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

インフルエンザの症状によるもの

インフルエンザや風邪の症状の中には、咳の症状がありますよね。

実は人というのは、この咳が出る際に瞬間的に背中の筋肉を強く使っています。

この背中の筋肉は普段そこまで強く働くことがない筋肉なので、咳を繰り返すと筋肉痛になってしまうことがあるんです。

一言で言ってしまえば、咳による背中の筋肉痛ですね。

 

ウイルスを撃退する免疫機能によって起こるもの

インフルエンザの症状には、筋肉痛や関節痛といった症状が含まれています。

これは正確に言えば、体の免疫による副作用のようなものです。

大まかに言ってしまうと、体内に侵入してきたインフルエンザウイルスを撃退するために、結果として発熱・発痛作用の物質が分泌されるといった具合ですね。

つまり、インフルエンザを治すための過程で出てくる痛みというわけですね。

 

インフルエンザをきっかけとして起こる病気によるもの

これが一番厄介な背中の痛みですね。

そう頻繁に起こることではないのですが、インフルエンザが引き金となって背中の痛みを誘発する病気にかかるケースがあります。

具体的には、内臓疾患や骨の異常によって起こる痛みや、疲労によって筋肉などに異常が出て痛みを誘発するパターンなどですね。

こういった症状は、インフルエンザによって普段から弱い箇所に影響が出る場合が多いようですね。

こちらは自分で判断するのは危険ですので、咳の症状もなく、インフルエンザが治まってからも背中に引き続き痛みが出る場合などは、病院で専門家の意見を聞くようにしましょう。


Sponsored Link


インフルエンザの痛みと筋肉痛とは何が違うの?

運動によって起こる筋肉痛は、未だにはっきりとした原因が分かっていないようです。

一般的には、運動によって傷ついてしまった筋肉を修復する際に筋肉痛が発生するという考えですね。

あなたも経験があるかと思いますが、普段使わないような筋肉を使ったり、同じ筋肉を長時間使い続けていると、負担のかかった筋肉に傷が出来てしまいます。

壊れた筋肉は当然修復されるのですが、この修復の過程で炎症が起こり、それにより痛みが出るというわけですね。

 

先ほどの背中の痛みの原因に当てはめると、咳による背中の痛みは筋肉痛と言えますが、その他は運動による筋肉痛とは別物ということが分かるかと思います。

 

 

背中の痛みはどのくらい続くの?

3

 

インフルエンザウイルスに感染してしまった場合、病院できちんとした診断と治療を受けて安静にしていることが大事ですが、背中が痛いと寝ているのも辛いですよね。

この痛みは一体いつまで続くのでしょうか?

 

咳による筋肉痛の痛みであれば、咳が収まることで背中の痛みも徐々に和らいでいくでしょう。

ウイルス撃退のための免疫機能による痛みの場合も、体からウイルスが減っていくとともにその症状は落ち着いていくと考えられます。

 

具体的な期間としては、普段が健康な人であれば大体3~7日で治まると考えて良いですね。

ただ、あまりにも痛みがひどい場合や、7日を過ぎても治る気配がない場合は、他の病気などの原因も考えられます。

そのため、先ほどもお伝えした通り、必ず病院で医者の診察を受けるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?インフルエンザにかかると、さまざまな症状が出ますが、中でも痛みの症状は辛いものがありますよね。

背中が痛いと寝るのも辛いですから、なおさらだと思います。

安静にしている間は、水分補給やお部屋の温度・湿度にも気をつけてくださいね。

仰向けに寝ると痛みが増しますので、ご自身の楽な姿勢を見つけてゆっくり静養しておきましょう。

少し良くなった際には、背中のストレッチをすると血流が良くなり痛みも緩和していきますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ