インフルエンザの子供の熱が下がらない!症状は何日続くの?

1

 

インフルエンザに感染すると高熱が続きますが、子供のぐったりしている姿は母親にとってつらいものですよね。

いったい子供のインフルエンザの熱は何日続くのでしょう?

 

なかなか子供の熱が下がらないと心配になってしまうと思いますが、むやみに解熱剤を使って無理やり熱を下げることは、回復の妨げになり、熱を長引かせてしまうことになる可能性があります。

では、下がらない熱にはどう対応すればいいのか確認していきましょう。


Sponsored Link


子供のインフルエンザの熱は通常何日くらい続くの?

2

 

インフルエンザの特徴的な症状の一つである高熱ですが、これはインフルエンザウイルスと体が戦うために必要な熱です。

熱はインフルエンザウイルスに感染してから1~3日の潜伏期間の後に発熱します。

発症から2~3日間は、高熱や倦怠感などの全身症状がありますね。

これは子供の場合でも大人の場合でも基本的には同じなので、おおよそ3日ほどは発熱が続くと考えて良いでしょう。

 

また、発症から2日目以降は、鼻水や咳など一般的な風邪のような症状が出てくるのが一般的ですね。


Sponsored Link


子供の熱が下がらない場合に考えられる原因は?

通常の発熱期間が過ぎても熱が下がらない時は、インフルエンザとは違った様子はないか、まずはお子さんの様子を観察してみてください。

合併症を起こしている可能性があるからです。

主な合併症としては、肺炎、気管支炎、中耳炎、インフルエンザ脳症などがあります。

呼吸音がおかしい、息苦しそう、耳を痛がる、うわごとを言う、急に叫ぶなど、いつもと違う行動をとる様子があったら、出来るだけ早くもう一度受診しましょう。

 

 

なかなか熱が下がらない場合の対処法は?

3

 

子供に熱がある時は、すぐに平熱に下げてあげたいと思ってしまいがちですよね。

でも、熱があっても機嫌が良かったり、水分や食事が十分にとれていたりする場合は、さほど急いで熱を下げなくても大丈夫です。

 

先ほども説明した通り、インフルエンザに限らず熱は体がウイルスと戦うために必要なものです。

そのため、解熱剤でその熱を無理に下げないほうが、結果として回復も早くなります。

熱を上げたり下げたりするのにも、たくさんの体力を使いますので、無駄な体力を消費しないためにも解熱剤の使用は以下のような場合だけにするのが良いでしょう。

 

  • 38度以上の熱で、ぐったりしている。
  • 水分や食事がとれず、体力が消耗している
  • 連続して解熱剤を使用しない(6時間以上の間隔をとる)

 

また体は熱いのに手足は冷たい、冷や汗をかいている、ぶるぶる震えているように感じる、このようなときはまだ熱が上がっている段階です。

このようなときに解熱剤を使用しても、あまり意味がありません。

熱が上がりきってしまうと、手足の先まで熱くなってきますし、本人も暑いと実感できてきます。

熱は上がってしまわないと下がることはないので、子供さんの様子を観察して熱が上がっているときなのか、これから下がっていくときなのか見極めましょう。

 

解熱剤を使わず熱の症状を和らげる方法としましては、頭や首の回り、わきの下、太ももの付け根など太い血管が通っている場所を冷やすとよいですね。

保冷材などで、体の一部だけを冷やしましょう。

 

また、汗をたくさんかいているときは、蒸しタオルなどで体を拭くことも効果的です。

子供が嫌がることは無理にせず、楽だと感じる方法だけでかまわないので、試してみてください。

 

 

熱がどのくらい続いたら病院に連れて行くべき?

1度受診をしてもなかなか熱が下がらないと、不安になってまた受診したくなる気持ちはよくわかります。

特に子供の熱は夜中に上がることが多く、朝まで待っていられない!と思う保護者の方も多いと思います。

ですがインフルエンザの熱には、二峰性発熱と呼ばれる特徴があります。

これは、朝には微熱程度まで下がっているが、夕方からだんだんと熱が上がって夜中にはまた高熱になるといったものです。

このような波を繰り返して熱が治まっていくことが多々ありますので、熱がぶり返したからといってすぐに再受診する必要はないと考えてよいでしょう。

高熱(38℃以上)が3日以上さがる気配がない場合や、先ほどお伝えしたような合併症を疑うような症状が出た場合は再受診してください。

 

 

まとめ

子供は意外と熱があっても元気なこともあり、大人が思っているほど熱に弱くはありません。

多少熱があっても、機嫌もよく水分や食事がとれているのであれば、自宅で安静にして過ごしたほうが体力の回復にもなります。

病院に行って疲れてしまったことが原因で回復が遅れるなんてことがないように、再受診する際にはこのようなことに気を付けてみてくださいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ