風邪の鼻水と喉の痛み、頭痛の治し方はある?ポイントは?

1

 

夏でも冬でも、1年中発症してしまう風邪…。

きちんと手洗いやうがいをして予防をしているつもりでも、風邪をひいてしまうことはありますよね。

 

風邪の症状というと、鼻水や喉の痛み、頭痛は必ずといっていいほど起こるものです。

なぜ風邪をひくと鼻水や喉の痛み、頭痛が起きてしまうのでしょうか。身体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

 

今回は、風邪の代表的な症状、鼻水、喉の痛み、頭痛の起きる原因についてお伝えします。そして、それぞれの症状に対しての対処法や治し方もご紹介します。

正しい対処法を知って風邪を早く治しましょう。


Sponsored Link


風邪の鼻水や喉の痛み、頭痛はそもそも何故起こるの?

2

 

風邪は、鼻や喉などの上気道と呼ばれる部分にウィルスなどが付着・繁殖することで起こります。

風邪の90%はウィルスによるものだと言われています。他にも細菌やマイコプラズマなどによる場合もあります。

 

風邪の原因となるウィルスは200種類以上もあり、一度風邪をひいて免疫が出来たとしても、年々ウィルスは変異していくため再び感染してしまうこともあるのだそうです。

 

空気中のウィルスを吸い込んだり、ウィルスの付いた手を口に付けることで、ウィルスが鼻や喉の粘膜に繁殖します。

そうすると、身体の免疫機能が異物の侵入に反応し、鼻や喉の粘膜に炎症が起こります。

 

鼻粘膜に炎症が起きた場合はくしゃみや鼻水などの症状があらわれ、喉の粘膜に炎症が起きた場合は、喉の痛み・腫れがあらわれます。また咳や痰、鼻水を出すことで異物を外に出そうとします。

このような症状は、体が風邪を治そうとしている状態、免疫が働いている状態ということができますね。

 

免疫機能が働きだすと、体の中では白血球を増やしてウィルスに対抗しようとします。

白血球が増えると血管が膨張し、たくさん血液を循環するようになります。

このとき活発になった血管が神経を刺激してしまうために頭痛が起きてしまうんですね。


Sponsored Link


鼻水や喉の痛み、頭痛の治し方はある?

3

 

では、鼻水や喉の痛み、頭痛にどのように対処したらよいのか、具体的な対処法や治し方についてご紹介しましょう。

 

体をあたためましょう

風邪かな?と思ったら、寒くないように体をあたためることが大切です。

身体をあたためることで体温が上がり、免疫力を高めることが出来ます。

 

熱がないのであれば、お風呂に浸かるのも効果的です。体力を消耗しないよう、熱すぎない温度で、短時間で済ませましょう。

 

十分な休養と栄養をとりましょう

十分な睡眠をとることも、免疫力アップには必要なことです。夜更かしをせずに早めに布団に入りましょう。

また、風邪の回復に効果的なビタミンCやビタミンA、たんぱく質を意識して摂りましょう。野菜や卵を加え栄養価を高めた雑炊や煮込みうどんなど、消化の良いものが良いでしょう。

 

4

 

今度は、鼻水、喉の痛み、頭痛それぞれへの対処法をご紹介しましょう。

 

鼻水

鼻水がとまらない、鼻が詰まって呼吸が苦しい、という鼻風邪の場合は、「蒸しタオル」がおすすめです。

タオルを濡らして電子レンジで1分程度加熱し、温度を確かめながら鼻をすっぽり覆うようにして当てます。

鼻の粘膜が加湿され、あたためられることで、かなり呼吸が楽になりますよ。

 

他には、加湿器で部屋を加湿するのも効果的です。

ウィルスは湿度に弱い性質があり、空気中の水分とウィルスがくっつくと下に落下しやすくなります。

 

喉の痛み

喉の痛みを治すためには「保湿」と「保温」、「除菌」がポイントです。

鼻水の時と同様に、加湿器を使って喉が乾燥しないように注意が必要ですね。

 

また、マスクを着けることで鼻や喉の乾燥を防ぐだけでなくウィルスの侵入や周りへの感染も防ぐことが出来ます。

ウィルスはあたためることで活動が弱まりますので、マフラーを巻いたりネックウォーマーをするのも効果的です。

 

それから、基本的な事ですが、うがいをこまめにするのも大切です。喉の粘膜を清潔にすることができます。殺菌効果のあるといわれる緑茶でうがいをするのも良いですね。

 

頭痛

ズキズキとした頭痛がある時は、痛い部分を冷やすと痛みが和らぎます。首や肩をあたためるのも効果的です。

 

どうしても我慢できない時は鎮痛剤を飲んで安静に過ごすようにしましょう。

しかし頭痛を治すにはできるだけ薬に頼らず、しっかりと休養や栄養をとり風邪をきちんと治すように心がけることが大切です。

 

 

まとめ

風邪の症状、鼻水・喉の痛み・頭痛の原因と対処法についてお伝えしました。

風邪をひいたと思ったら、こじらせる前にできるだけ早く対処することが重要です。

 

風邪薬はあくまでも症状を緩和するためのもので、風邪そのものを治してくれるわけではありません。

しっかり睡眠をとり、栄養のある食事を食べ、安静にしていれば自然に良くなります。

 

何日も症状が良くならない場合は、他の病気を引き起こしている可能性がありますので、その場合は早めに病院を受診、治療をするようにして下さいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ