風邪の鼻水が黄色は治りかけ?透明との違いは?

1

 

風邪の症状には、喉の痛みや発熱、頭痛などいろいろありますが、鼻水がズルズルと出て止まらないのは、息苦しくて本当につらいですよね。

 

鼻をかんだ時にふとティッシュを見てみると、鼻水の色が変化していくのを感じたことはありませんか?

初めは透明だったのが、だんだん黄色っぽくなってきて、「これって治りかけのサイン?」「それとも何かの病気?」と疑問に思ってしまいますよね。

 

今回は、風邪の鼻水で色が黄色っぽいのは何故なのか?透明の鼻水との違いは何なのか?ということについてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


風邪の鼻水って黄色と透明で何が違うの?

2

 

透明の鼻水

透明の鼻水が出るのは、鼻の粘膜に風邪ウィルスが付着してしまい、大量の鼻水を出すことでウィルスを身体の外に出そうとしている状態です。

それ以上身体の中にウィルスが入らないようにしているわけですね。

 

このサラサラとした透明の鼻水は風邪の引きはじめに多い症状です。

他に発熱や喉の痛みなどの症状がなく、無理をせずにしっかり体を休めていれば薬も特に必要なくあまり悪化することはありません。

 

黄色の鼻水

鼻水を出すことでウィルスが体内に侵入するのを防いでいるわけですが、ウィルスが勝ってしまうと体中に風邪のウィルスが入り込んでしまいます。

そうすると血液中の白血球がウィルスを倒すために戦うのですが、戦ったときの白血球やウィルスの残骸が鼻水の中に混じり、黄色っぽい色がつくのです。

 

黄色っぽい鼻水が出た時は、まさに身体の免疫力がウィルスと戦っている最中ということなんですね。


Sponsored Link


鼻水が黄色の場合は治りかけ?

3

 

「鼻水が黄色くなったら、治りかけのサイン」とよく言われますよね。

でも、実際は「治りかけ」というわけではなく、「ウィルスと戦っている最中」ということになります。

前の章でご説明した通り、体内の白血球がウィルスを倒すために戦った時の残骸が鼻水に混じり排出されているので、黄色くなるんですね。

 

ウィルスを倒している最中ですから、まだウィルスが体の中に残っていることになります。

なので、まだまだ治ったと安心できる状況ではありません。

 

ここで無理をしてしまうと、免疫力が回復していないので、風邪が長引いたり新たなウィルスや菌に侵されてしまうことも考えられます。

しっかりと体を休めたり栄養を十分にとって、免疫力を高めましょう。

 

 

他に気をつけたい鼻水の色は?

4

 

鼻風邪が悪化すると、「副鼻腔炎」という病気に発展することがあります。

副鼻腔炎は、蓄膿症とも呼ばれますが、鼻の骨の空洞の部分にも炎症や腫れが広がってしまい、膿が出る症状です。

鼻水がドロッとして粘性があり、色が黄色、緑色、茶色のような色になった場合はこの副鼻腔炎になっている可能性があります。

 

副鼻腔炎は、漢方薬や市販の鼻炎薬、鼻うがいなどによって自然に治癒するものもあれば、ひどくなると手術が必要になる場合もあります。

黄色や緑色、茶色っぽい色の鼻水がずっと治らないという場合は、副鼻腔炎を疑って、早めにお近くの耳鼻科で治療をおこないましょう。

 

また、鼻をかんでいたら、鼻水が赤くなった・血が出たという場合もあります。

これは、鼻を強くかみすぎたり、ティッシュなどを詰めたことが原因かもしれません。

 

風邪で鼻水が出ている時は、鼻の中の粘膜はとても敏感な状態になっていて、ちょっとした刺激でも傷がついて出血してしまいます。

鼻の粘膜をできるだけ傷つけないように強く鼻をかまない・ティッシュを詰めないということが大切ですね。

 

また、鼻水が出る、鼻が詰まるという時の対処法としては、鼻が乾燥しないように鼻にホットタオルを当てたり、加湿器で部屋を加湿するのも効果的ですよ。

 

 

まとめ

風邪の鼻水が透明の場合と黄色の場合についてお伝えしました。

鼻水が黄色くなったからといって、安心するのはまだ早いということですね。しっかり治しておかないと、悪化してしまうかもしれません。

鼻水の色で、今の体の状態を知ることが出来ます。鼻をかんだら、捨てる前にそれとなくチェックしてみると良いですね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ