インフルエンザで熱が出ないのに関節痛や頭痛がひどい!原因は?

1

 

インフルエンザにかかっても熱は出ず、関節痛や頭痛の症状だけがある。

こんな症状に悩まされる人が多くいます。

インフルエンザなのに熱が出ないことはあるのでしょうか?

今回は、こんな不思議とも思えるインフルエンザの症状についてお話したいと思います。


Sponsored Link


インフルエンザなのに熱が出ないことはあるの?

近年、インフルエンザでも熱がでない症状が多くみられるようになってきました。

急な発熱が特徴のインフルエンザですが、感染をしても成人の2割、また高齢者の5割は38℃以上の熱が出ないと言われています。

熱が高くないため、風邪と勘違いしやすく、治療が遅れてしまうケースもあります。

では、どうしてインフルエンザにかかっても熱が出ないのでしょうか?

 

それは、「発熱力」がないからです。

発熱力とは、リンパ球を活発にさせ体の熱を上げてウイルスと闘う力のことです。

この力がある人は発熱することでウイルスを撃退することができ、インフルエンザを早く完治させることができます。

けれど、この発熱力がない人はうまく発熱できないため、ウイルスが体内に残ってしまい、インフルエンザを悪化させてしまうのです。

 

また、インフルエンザワクチンを接種していると症状が軽くすんでしまうこともあります。

そのためインフルエンザにかかっても発熱しないのです。

ワクチンによって、ウイルスに対抗できる体になっているからですね。

気が付かないうちにインフルエンザに感染し、そして治ってしまっていることもあるようです。

 

いずれにしても、インフルエンザが流行している時期は、風邪の症状でもインフルエンザを疑ったほうがよいでしょう。

「おかしいな」と感じたら病院へ行き、検査を受けるようにしましょう。


Sponsored Link


熱が出ずに関節痛や頭痛が出ることもある?

2

 

熱は出ないのに、関節痛や頭痛の症状だけが出る場合もあります。

ところで、どうして関節痛や頭痛は起こるのでしょうか?

 

実は、インフルエンザウイルスが体内に侵入した時に分泌される「プロスタグランジン」という物質が原因となっています。

プロスタグランジンは、血流をよくするために血管を拡張させたり、発熱を強めてウイルスの増殖を防いだりする役割をしています。

そのため、インフルエンザになると関節痛や頭痛を感じる人が多いのです。

つまり、体がウイルスと闘っている証拠なのですね。

 

 

熱が出ないインフルエンザの場合、仕事や学校はどうする?

熱が出ないので症状も軽く、仕事や学校に行きたいと考える人は多いのではないでしょうか?

けれど、待ってください。

熱がないだけで、インフルエンザウイルスは体内にいるため、普段と同じような生活をしていると周りの人にインフルエンザを感染させてしまう可能性があるのです。

特に家族などの身近な人の中に赤ちゃんや妊婦さん、そして高齢者がいる場合は危険です。

 

熱がなくても仕事や学校は休むようにしましょう。

学校保健法で定められた通り、発症した後5日を経過し、かつ関節痛や頭痛などの症状が出なくなってから2日を経過するまでは会社や学校は休むべきであると個人的には思います。

 

 

まとめ

インフルエンザなのに熱が出ない場合はあるのか、それはどうしてなのかといったことをお話しましたが、いかがでしたか?

多くの人は、感染をしても高熱を出さないということがお分かりいただけたかと思います。

 

また、熱はでなくても関節痛や頭痛を感じることがあります。

いつもと違うなと感じたら、まずはインフルエンザ感染を疑い、病院で検査を受けるようにしましょう。

そして、感染している期間はできるだけ外出を控え、感染拡大を防ぎましょうね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ