風邪の時の食事でうどん以外におすすめの食べ物まとめ!

1

 

風邪を引いた時の定番の食事といえば、「うどん」や「おかゆ」などがありますよね。

でもいつも同じ味だと飽きてしまいますし、食欲が出てくるとうどん以外の他のものも食べたい気分になることもあります。

風邪を早く治したいときは、体をあたためる食材や免疫力を高める効果がある食材を取り入れることが大切です。

 

今回は、風邪の時におすすめの食事をご紹介します。

寒気がある、咳が出る、胃腸が弱っている…など風邪の症状に合わせたお勧めの食材や食事をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


Sponsored Link


湯豆腐

2

 

湯豆腐はとくに風邪の引き始めで咳や鼻水が出始めたとき、寒気がするときにおすすめのメニューです。

 

豆腐は口当たりがよくさっぱりと食べられますので、あまり食欲がない時にも食べやすいですよ。

豆腐に含まれるたんぱく質は、風邪で元気がなくなっているときの活力になります。豆腐はたんぱく質の中でもとても消化が良く胃に負担をかけにくい食べ物なので、風邪の時にはぜひ摂りたい食材です。

 

さらに風邪ウィルスを撃退するために湯豆腐に加えたいのが、ニラ、しょうが、ネギなどの香りのある野菜です。

ニラは滋養効果があるといわれていますし、しょうがは体をあたためる作用があることで有名ですね。

ネギは昔からよく首に巻くと良いと言われていましたが、ネギには血行をよくしたりウィルスに対する抵抗力を高める効果があると言われています。

 

またこれらの野菜を加えることでビタミンCやビタミンAも摂れて栄養価も高くなります。

 

そして湯豆腐の良いところは、やはり「体をあたためてくれる」という点でしょう。

風邪の時は体温を1℃上げるだけで免疫力が5~6倍になるとも言われていますので、温かいものを食べて身体の内側から体が温まれば風邪ウィルスを倒しやすくなるんですね。

 

またたくさんの湯気で咳や喉の痛み、鼻水の症状があるとき粘膜が保湿されて呼吸も楽になりますよ。


Sponsored Link


れんこんのスープ

3

 

れんこんは風邪の予防に効果的といわれていますが、風邪を引いているときにもおすすめの食材です。

れんこんに含まれるムチンというネバネバの成分が胃や喉、鼻などの粘膜を保護してくれる働きがあるのだそうです。

 

またれんこんに含まれるタンニンという成分は、炎症や腫れを鎮める効果があるので、喉の痛みや咳、痰が出るときや、胃腸が弱っている時にも効果的です。

 

すりおろせば胃に負担がかかりにくいので、スープにするのがおすすめです。

れんこんのスープは簡単に作れるので、作り方をご紹介しておきます。

 

〇材料(3人分)

  • れんこん 1節
  • 生姜 1かけ
  • 水 3カップ
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • 醤油、塩 少々

 

〇作り方

  1. れんこんとしょうがはすりおろす。
  2. 水、鶏がらスープの素、醬油を鍋に入れ、れんこんと生姜を加える。
  3. 塩で味をととのえて出来上がり。

 

このスープは筆者も家族が風邪気味のときに作りますが、やさしい味で生姜も入っていますので体があたたまって美味しいですよ。

 

 

みかん

4

 

風邪予防にはビタミンCを摂った方が良いということは皆さんご存知でしょう。

風邪を引いた時もビタミンCなどのビタミン類を多くとることで、ウィルスに抵抗する力が高まると言われています。

くだものの良いところは、水分や糖分、ビタミン類を豊富に含んでいて風邪の時に摂りたい栄養が手軽にとれることです。

 

またさっぱりとしているので、食欲がないときでも摂りやすい食べ物といえますね。

 

ビタミンCは、加熱調理すると減少してしまうという特徴があります。くだものは生でそのまま食べられるのでビタミンを効果的に摂取することができますよ。

風邪を引きやすい冬場であれば、みかんやイチゴなどが手に入りやすいと思います。

ビタミンCは、一度にたくさん摂ると汗や尿と一緒に排出されやすいので、数回に分けて食べるのがおすすめです。

 

 

まとめ

風邪の時におすすめの食べ物をご紹介しましたがいかがでしたか?

 

風邪の時は、できるだけ作る手間を省きたい、でも、しっかりと必要な栄養も摂りたいものですよね。

食欲がない時は無理に食べる必要はありませんが、食べられるようであれば消化が良く栄養のあるものを選ぶこと大切です。

あとはしっかり休養をとり、できるだけ早く治すよう心がけましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ