風邪で発熱している時のお風呂は?微熱なら入っても良いの?

1

 

皆さんは風邪で発熱した時、お風呂はどうしていますか?

 

昔は風邪を引いたらお風呂には入らない、というのが一般的でしたが、最近では風邪の時にお風呂に入ると汗をかいて熱が下がりやすい、という話を耳にすることがあります。

お風呂に入ってさっぱりすれば熱も下がりそうな気もしますし、余計に熱が上がってしまうような感じもしますが、本当はどうなのか気になりますよね。

 

今回は、熱がある時のお風呂についてまとめてみました。微熱なら入っても悪影響はないのか、他にお風呂に入ってはいけない基準はあるのか、についても詳しくお伝えします。


Sponsored Link


風邪で発熱がある時はお風呂に入っても良いの?

2

 

子供の頃はよく「風邪が悪化するからお風呂に入ってはいけない」と言われたものですが、今ではお風呂の環境も整い、湯冷めする心配もなくなったため、風邪を引いていてもお風呂に入っても良いという考えが広まってきました。

 

でも、発熱しているときもお風呂に入っても良いかというと、入って良いというわけではありません。

熱がぐんぐん上がり始めているような時や38度以上の高熱が出ているときは、身体がウィルスに抵抗している証拠です。このときはしっかりと体を休ませてあげることが大切です。

無理をして入浴すると体力が消耗し、症状が悪化する原因になる可能性がありますので、お風呂は熱が下がってからにしましょう。


Sponsored Link


微熱の場合のお風呂はどうなの?

3

 

高熱が出ているときはお風呂を控えなくてはなりませんが、微熱で体調が良いようであればお風呂に入っても大丈夫でしょう。

 

熱が上がり切って体温が下がり始めている時や38度未満の微熱のときは、お風呂に入ることが身体に良い影響を与えます。

人間は37度くらいの体温の時にもっとも免疫力が上がるといわれています。お風呂で体をあたためることは風邪ウィルスを撃退するのにとても適しているんですね。

 

また、ウィルス撃退には湿度も重要です。お風呂は湿度が高いので、ウィルスの活動を弱めることができます。

風邪を治すには良い睡眠をとることも大事ですよね。お風呂に入ると血行が良くなり、気分もリラックスして眠りにつきやすくなります。

そして結果的に風邪が回復に向かう、ということにつながるんですね。

 

 

その他にお風呂に入る・入らないの基準はある?

4

 

高熱がある時は入浴を控え、微熱であれば入浴しても大丈夫とご説明しましたが、熱の他にお風呂に入ってはいけない場合がありますのでご紹介しておきましょう。

熱がないからといって、お風呂に入って良いというわけではありません。他の風邪の症状でつらい症状が出ているときは注意が必要です。例えば次のようなものです。

 

  • ひどい頭痛や腹痛がある
  • 下痢や嘔吐がある
  • 気分が悪い、体がだるい

このような症状がみられるときは、お風呂は控えた方が良いでしょう。

 

お風呂は、湯船に浸かったり髪の毛や体を洗ったりして、けっこう体力を使うものです。

ある程度元気がないと、お風呂に入っても気分が悪くなって立っていられなかったり症状を悪化させてしまったり、ということになる可能性もあります。

 

熱はないけどお風呂に入るほど元気がない入りたい気分ではない、という場合は無理して入らなくても良いと思います。

風邪の症状や自分の体調をよく見極めて、お風呂に入るかどうかの判断をして下さいね。

 

また、さっとシャワーだけ浴びたいという場合もあるかと思います。

熱がない・微熱である場合はシャワーだけでも大丈夫でしょう。

 

ただ湯冷めしやすいので、短時間で済ませて、出た後も体が冷えないように部屋をあたためておいたり、すばやく着替え、髪をしっかり乾かすなどの対処法をとるようにして下さい。

 

 

まとめ

風邪で高熱が出ているときは、無理をせずに安静にしていることを優先させましょう。

微熱の時はお風呂に入ることが可能ですが、腹痛や下痢、嘔吐、だるいなど他の症状がつらい場合は控えた方が良いですね。

風邪でお風呂に入る時は、熱すぎないお湯でのぼせない程度に入り、出た後は身体を冷やさないようにすることが大切です。もちろん水分補給も忘れずにして下さいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ