風邪の際はお風呂に入らないほうがいい?良い入り方はある?

1

 

子供の頃は風邪を引くと「風邪のときはお風呂に入っちゃダメ!」と家族に言われたものです。

昔は、現在と住環境がずいぶん違っていて、お風呂上がりには湯冷めしやすかったので風邪の時はお風呂を控えるというのが一般的だったんです。

しかし、今は考え方が変わってきているのをご存知ですか?

 

風邪の症状によっては、お風呂に入ることで良い影響をもたらす場合もあるんです。

反対にお風呂に入ることで症状が悪化してしまう原因になることもあります。

 

今回は、風邪の場合お風呂に入らない方がいいのか?どんな時に入ってはいけないのか?についてご紹介したいと思います。

また風邪の時の良いお風呂の入り方も解説しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


Sponsored Link


風邪の場合はお風呂に入らないほうがいいの?

2

 

冒頭でもお伝えしたように、昔の人は風邪を引いているときはお風呂に入らない、ということが多かったようです。

それは、銭湯に行くと外気にさらされて体が冷えやすかったことや、家にお風呂がある場合でも家の外にお風呂があることが多く、湯冷めしやすい環境だったからなんですね。

このような環境から「風邪の時はお風呂に入らないほうが良い」という考えが広まったといえます。

 

しかし今はどこの家も家の中にお風呂がありますし、部屋に暖房もありますからお風呂上がりに湯冷めしやすい環境というわけではありませんね。

お風呂に入ってはいけないと言われるもう一つの理由としては、風邪がひどい時にお風呂に入ると、身体に大きな負担がかかり風邪を悪化させてしまうと考えられているからです。

 

でも風邪の症状の中でも高熱が出ていない比較的元気がある場合は、お風呂に入ることで血行が良くなったり、免疫力を上げることができます。

 

また、肌をきれいにすることで新陳代謝が良くなり治りやすくなるというメリットがあります。

喉の痛みや鼻水鼻詰まりがあるときも、お風呂の湯気の効果で喉や鼻の粘膜が潤い、ウィルスの活動を弱めることができます。

 

お風呂に入って良い場合をまとめると、次のようになります。

  • 熱が38度未満
  • 鼻水・鼻づまり、喉の痛みがある
  • 比較的元気である


Sponsored Link


どんな時はお風呂に入らないほうが良い?

3

 

では、反対にお風呂に入ってはいけない場合をご紹介しましょう。

風邪の症状で、次のような重症の場合はお風呂に入ることで症状を悪化させてしまうことがありますので控えなくてはなりません。

 

  • 明らかに発熱しているとき(38度以上)
  • 悪寒があるとき
  • 下痢や嘔吐、吐き気があるとき
  • 倦怠感があるとき

 

高熱が出ているときは体もだるいですし、あまりお風呂に入ろうとする人もいないかもしれませんが、熱がある時は身体の中でウィルスを攻撃しようとしている時ですので、しっかり休養をとることが大切です。

 

悪寒、寒気があるときは、これからどんどん体温が上がっていく可能性があるため体力を消耗するお風呂は避けた方が良いでしょう。

下痢や嘔吐があるときも、お風呂に入ることで気分が悪くなり症状が悪化する可能性があるので避けましょう。

 

風邪がひどく動くのもやっとの状態だったりお風呂に入りたくない、と思うようであればシャワーを浴びるのも控えておいた方が良いと思います。

お風呂に入れるかどうかはしっかり風邪の状態を見極めて判断して下さいね。

 

 

風邪でお風呂に入る際に気を付けたいことは?

4

 

風邪の症状が軽く、元気があるようならお風呂に入ることが出来ます。

しかし風邪を引いているときのお風呂は、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。

 

まずお風呂に入る前は、入浴後に急に体が冷えないように部屋をあたためておきましょう。

お風呂は意外と体力を消耗するものです。熱すぎるお湯ではなく38~40度くらいの少しぬるめのお湯に設定しましょう。

長い時間お湯に浸かったり半身浴はせず、20分くらいで汗をかく手前で済ませるのがベストです。

お風呂から出た後はよく身体を拭き、髪の毛も濡れたままにせずにしっかりドライヤーで乾かしましょう。

 

お風呂は予想以上に身体の水分が失われますので、水分補給も忘れずにおこないます。そして体が冷えないうちに早めに布団に入って休みましょう。

さっとシャワーで済ませたいという方もいるかと思います。シャワーの場合は身体が温まりにくく冷えやすいので注意が必要です。

 

 

まとめ

風邪でお風呂に入ってはいけないのはどんな時か、お風呂に入る際のポイントや対処法などについてご紹介しましたがいかがでしたか?

 

風邪を引いた時はお風呂に入っても大丈夫ですが、熱が出ているときなど重症のときはお風呂に入らないほうが良いでしょう。

風邪の時のお風呂はいつもと違いますので、入浴時間や温度にも気を付けなくてはなりませんね。

お風呂は上手に入れば免疫力もアップし、風邪が早く治るメリットもあります。お風呂を上手に活用して早く風邪を治していきましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ