風邪を引いた時のお風呂の温度は?熱めがいいの?

1

 

「風邪を引いているときはお風呂に入ってはいけない」と昔から言われてきたせいか、お風呂に入ると余計に風邪が悪化するのでは…と心配な方も多いのではないでしょうか?

 

しかし最近では住宅環境の変化や医学の進歩などで、風邪の時でも状況によってはお風呂に入った方が良い、という考え方に変わってきているんです。

風邪を引いた時の正しいお風呂の入り方はきちんと覚えておきたいものですよね。

 

今回は、風邪の時のお風呂の温度は熱めが良いのか、温めが良いのか?また、お風呂から出た後はどんなことに気をつけたら良いのか、その注意点や対処法について詳しく解説いたします。


Sponsored Link


お風呂の温度って身体にどんな風に影響するの?

2

 

皆さんご存知のことかもしれませんが、風邪を治すための薬はありません。「風邪薬」は風邪の症状を緩和するためのもので、風邪ウィルスそのものをやっつけてくれるものではないんですね。

 

風邪を治すことが出来るのは、自分の身体に備わっている「自然治癒力」つまり免疫機能ということになります。

人間の身体は、体温が1度下がると免疫力が30%も落ちると言われています。

もともと平熱が低い人や運動不足で体力が弱い人、冷え性の人は、体温が低いため免疫力も低くなり風邪を引きやすくなります。

反対に、体温が1度上がると免疫力は5倍に上がるのだそうです。

 

風邪を引くと熱が出るのは、体の免疫機能が働いてウィルスに抵抗しようとしている証拠です。

つまり、お風呂に入って体温を上げるということは、免疫力が上がるということになります。

ウィルスに対する抵抗力も上がり、風邪ウィルスを撃退しやすくなるんですね。


Sponsored Link


風邪を引いた時のお風呂の温度は熱め?温め?

3

 

体温が上がれば免疫力が上がるということは、お風呂の温度は熱めのほうがいいのでは?と思われる方もいるかもしれませんね。

 

しかし、熱いお湯に入ると筋肉が硬直して血流が悪くなるため高血圧になったり、頭痛やめまいなどが起きることもあり、身体へ負担が大きくなってしまいます。

そのため、風邪の時のお風呂の温度は、38度~40度の少しぬるめの温度が良いでしょう。

 

身体が適度にあたたまり、汗をかく一歩手前くらいで出るようにするのがベストです。

時間でいうと、20分くらいが良いと言われています。

症状や個人によって異なりますので、この時間はあくまで目安と考えて下さいね。

 

風邪は汗をたくさんかいた方が治るのでは?と思われるかもしれませんが、半身浴や長時間の入浴は、体力の消耗が激しく風邪を悪化させる原因になることがあるので風邪の時は控えましょう。

お風呂は免疫力が上がり風邪が治りやすくなる効果があるのですが、風邪の症状によっては入ってはいけない場合もあります。

 

38度以上の高熱があるとき嘔吐下痢をしているときは体力が低下しているときなので、入浴は避け、しっかり休養をとることを優先させましょう。

 

 

お風呂からあがった後に気をつけたいことは?

4

 

お風呂からあがった後に一番気をつけなくてはならないのが、湯冷めです。

せっかくお風呂で体をあたためても、あがった後に身体を冷やしてしまっては逆効果です。

入浴後に身体を冷やさないためには次の4点に注意しておきましょう。

 

  • 入浴する前に脱衣所や部屋をあたためておく
  • お風呂から出たらすぐに体を拭く
  • 髪の毛はドライヤーでしっかり乾かす
  • 体が冷えないうちに布団に入る

 

特に冬場は、お風呂と部屋との温度差が激しいことが多いので、エアコンなどで出来るだけ温度差をなくしておくと体が急激に冷えるのを防ぐことができます。

夏場の場合は、冷房で部屋を冷やしすぎないように注意しておきましょう。

入浴後に脱水症状にならないよう水分補給も大切です。ここでも体を冷やさないよう飲み物の温度は常温か温かいものがおすすめですね。

 

また、シャワーだけ浴びてさっぱりしたいという場合もあるかと思います。シャワーの場合だと湯船に入った場合と比べて身体が温まりにくく、湯冷めもしやすいので、あがった後は特にすばやく体を拭き、体が冷えないように部屋の温度などにも注意しましょう。

 

 

まとめ

風邪で高熱がでているときや寒気・倦怠感がひどいときなど、症状によってはお風呂に入ることで風邪が悪化してしまうことがあります。

逆に比較的元気があるときは、お風呂に入ることで免疫力が上がり、呼吸が楽になってリラックスして眠りにつきやすくなるなど、良い効果をもたらすこともあります。

お風呂に入れるかどうかは風邪の状態をよく見極めるということが大切ですね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ