風邪の時のお風呂は悪化の原因?シャワーや洗髪もダメ?

1

 

「風邪をひいているときはお風呂に入ってはいけない」と家族から注意された経験はありませんか?

 

子供の頃、風邪が長引くと髪の毛を何日も洗えなくて地肌がかゆくなったりして嫌な思いをした方も多いのではないでしょうか。

昔から風邪のとき風呂に入ると悪化するとよく言われてきました。

しかし、実際のところ本当にお風呂が風邪の悪化の原因になるのでしょうか?

 

今回は、風邪の時にお風呂に入ると本当に悪化するのか?シャワーや洗髪は大丈夫なのか?という疑問について詳しく解説していきます。


Sponsored Link


風邪の時にお風呂に入ると悪化する?

2

 

昔から「風邪をひいたらお風呂に入ってはいけない」という考え方があるのは、実は日本の住宅事情が大きく関わっています。

昔は自宅に内湯がある家は少なく、多くの人は銭湯に行ってお風呂に入っていました。銭湯の熱いお湯に入ると体力が消耗しやすく、銭湯の外に出ると冷たい空気にさらされるので体が冷えやすかったのです。

家にお風呂がある場合でも、だいたい外にお風呂があり、脱衣所も隙間風が吹き、湯冷めしやすい環境だったんですね。

そのため、昔から風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないと言われてきたのです。

 

しかし、現在のお風呂の環境は昔とは大きく違いますよね。

お風呂は家の中にありますし、暖房もあります。浴室と脱衣所、部屋との温度差はあまりありませんので、極端に体が冷えるということもないですよね。

昔のように湯冷めしやすい環境ではないので、風邪の時に必ずしもお風呂に入ってはいけないということはありません。

 

ただ、風邪の症状によってはお風呂に入ってしまうと悪化することがあります。

体温が上がり始めている場合、熱が38度以上ある場合、嘔吐や下痢をしている場合、体力がなくぐったりしているような場合は、お風呂に入ると体力が奪われ悪化することがあるので、このようなときは控えたほうが良いですね。


Sponsored Link


シャワーや洗髪だけなら大丈夫?

3

 

お風呂の浴槽に入って洗髪もするとなると、入浴時間も長くなりますし体への負担が大きくなります。それに比べてシャワーや洗髪だけなら浴槽に入るよりも確かに負担は少ないといえます。

では、風邪をひいているときでもシャワーや洗髪だけならしても大丈夫かというと、この場合でも高熱が出ている、嘔吐や下痢、頭痛がひどいときなどは控えた方が良いでしょう。

症状が軽く元気であれば、シャワーも洗髪も問題ありません。

鼻水や鼻づまり喉の痛みなどがあるときは、お風呂の蒸気を吸うことで鼻や喉が潤うので、症状が楽になるという効果もあります。

 

また、肌をきれいにすることで発汗作用が働き、風邪が早く治るともいわれています。

シャワーや洗髪も風邪の症状をよく見極めて判断することが大切ですね。

 

 

お風呂で風邪を悪化させないためのポイントは?

4

 

今のお風呂の環境は昔よりもよくなっていますので、風邪のときでも症状がひどいとき以外は入浴が可能です。

しかし、お風呂の入り方によっては風邪が悪化してしまう場合もあります。次のような対処法で風邪の悪化を防ぎましょう。

 

入浴は熱すぎない温度で!

お湯の温度は40度以下のぬるめが良いといわれています。長い時間入らないで、汗をかく手前くらいで出るようにしましょう。

 

洗髪は手早く

洗髪はなるべく短時間で行いましょう。洗ったらよくタオルで拭いて、ドライヤーで地肌からしっかり乾かしましょう。

 

部屋は暖めておく

お風呂から出た後に寒くないように、部屋をあたためておきましょう。

 

入浴後は身体をよく拭く

身体が冷えないようしっかり体をふき、寒くならないうちに布団に入りましょう。

 

入浴後は水分補給

お風呂から出たら水分補給をお忘れなく。

シャワーの場合は、入浴した場合に比べて身体が温まりにくく湯冷めもしやすいため、出た後は冷えないように注意して下さいね。

 

 

まとめ

風邪をひいているときでも、お風呂に入ることで呼吸がしやすくなったり、免疫力が上がり、症状が良くなることがあります。またリラックス効果で睡眠がスムーズになります。

風邪を引いているときに身体をさっぱりさせたいという気持ちもあると思いますが、お風呂の入り方によっては風邪が悪化してしまうことがあります。

熱があるときや体力が弱くなっていると感じるときは、お風呂はガマンしてしっかり休養をとることが大切ですね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ