風邪はお風呂でうつる?子供をいれても大丈夫?

1

 

家族が風邪をひいているとき、お風呂に入った時に風邪がうつってしまうのではないかと心配になったことはありませんか?

 

また、子供が風邪をひいた場合お風呂に入れるべきかどうか、お子さんをお持ちの方なら一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

お風呂って狭い空間ですし、風邪の菌がたくさんあるような感じがしてしまいますよね。

とくにきょうだいがいる場合は、上の子や下の子にも風邪がうつってしまうんじゃないかと思うとどうしたらよいのか迷いますよね。

 

今回は、風邪がお風呂でうつるのか、子供が風邪の時お風呂に入れても良いのかどうか、ということについて詳しく説明していきます。


Sponsored Link


風邪はお風呂を経由してうつるの?

2

 

お風呂は他の部屋よりも狭いですし、風邪をひいた人の後に風邪をひいていない人が入った場合、風邪がうつるのではないかと思ってしまいますよね。

風邪は一般的に咳やくしゃみによる飛沫感染や接触感染によって、他の人に感染していきます。

 

また風邪は乾燥しているところで感染しやすいといわれていますので、湿気の多いお風呂では他の場所よりも感染しにくいといわれています。

そのため風邪をひいた人の後にお風呂に入った人が風邪をうつされるかというと、その可能性は低いと考えられますね。

ただし、風邪をひいた人が咳・くしゃみ・鼻水などの症状がひどい場合は、蛇口やシャワー、タオル、桶などに風邪ウィルスが付着し、それを次の人が触って口や鼻・目などに入る可能性もあり得ます。

 

浴槽にもウィルスが入るのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、浴槽にはたくさんのお湯が入っているためにウィルスは十分希釈されて感染力はかなり弱まるのだそうです。

浴槽のお湯で感染することはあまりないと考えられますが、体調のすぐれない人や免疫力が弱まっている人は念のため風邪をひいている人の前に入浴すると良いかもしれません。


Sponsored Link


お風呂経由で風邪をうつさないための対策は?

3

 

先ほどもご説明しましたが、お風呂で風邪がうつるとしたら、タオルの共用や蛇口、桶、フタ、シャワーなどに触れることが原因になることがあります。

風邪をひいた人の後にお風呂に入るときは、使用するタオルを替え、蛇口やシャワーなど触れた場所はきちんと洗い流すと安心ですね。

 

また、空気を入れ替えるために換気扇をつけたり窓を開けたりしておくのも効果的だと思います。

風邪は飛沫感染や接触感染でうつるものなので、わざわざお湯を入れ直したりする必要はないでしょう。

きょうだいがいる場合は、一緒に入っているときにうつってしまう可能性もあるため、別々にお風呂に入れた方がよいと思います。

 

 

子供が風邪の場合、お風呂にいれても大丈夫?

4

 

子供が風邪をひいた場合、お風呂に入れるべきか悩むパパやママも多いはずです。

風邪の時のお風呂に関しては、入れて良い場合と入れてはいけない場合があるんです。

ではどんな時にお風呂に入れて大丈夫なのでしょうか?

 

熱は平熱~微熱くらいで比較的体力があり元気であれば、お風呂に入れても大丈夫でしょう。

鼻水や鼻づまりくしゃみ、程度の風邪なら、お風呂に入ることで呼吸が楽になり、ぐっすり眠りにつけるというメリットもあります。喉が痛い場合も保湿効果で症状が楽になることがあります。

 

また体が温まると血行が良くなり、ウィルスや菌の増殖を防ぐことが出来ます。お風呂に入ると皮膚もきれいになるため風邪の治りが早くなるともいわれています。

ただ体に負担がかかりすぎないよう、熱すぎるお湯や長風呂は避けるようにしましょう。

 

反対にお風呂を避けた方がいい場合は、動くのも辛いくらいの高熱が出ているときや体温が上がり始めているとき、嘔吐や下痢をしているときですね。

このような場合はお風呂に入ることで症状が悪化する原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

お風呂に入っても大丈夫かどうかは、子供の様子をしっかり見極めて決める必要がありますね。

お風呂に入った後は、身体が冷えないよう部屋を暖めておいたり、髪の毛は早めに乾かすようにすることも大切です。

 

 

まとめ

子供が熱を出していたりしてつらそうなときは無理をしないことが大切ですが、比較的体力があるときはさっとお風呂に入ると気分もすっきりして良いこともあります。

子供が風邪をひいたときは、子供の体調をみてお風呂に入るかどうかを判断するようにしましょう。

お風呂で風邪がうつる可能性はないとも言えません。タオルの共用を避けたり、空気の入れ替えなどをするといった対処法が効果的です。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ