おたふく風邪の熱や腫れが続く期間は?早く治す方法はある?

1

 

子供がかかりやすい病気のひとつに「おたふく風邪」があります。

耳の下や頬の下あたりが腫れて、熱が出る、というイメージがありますよね?

主に3歳から6歳くらいの子供がかかることが多いといわれていますが、大人でも感染することがあります。

 

おたふく風邪に感染した場合、腫れや熱の症状はどのくらいの期間続くものなのか、気になりますよね。いつから園や学校に行っても良いのかママとしては悩むと思います。

そこで今回はおたふく風邪の期間や早く治すにはどうすれば良いのか、という点について詳しく解説いたします。


Sponsored Link


おたふく風邪の熱や腫れが続く期間は通常どのくらい?

2

 

おたふく風邪はムンプスウィルスの感染が原因で、感染すると2週間~3週間の潜伏期間を経て発症します。

初期症状として倦怠感や首の痛み、食べ物を飲み込むときに痛むなどの症状が出てきます。そのあと38度以上の熱が出て、まもなく耳下腺(耳の下にある唾液が出る腺)や顎にかけて(舌下腺、顎下腺)が腫れてきます。

 

大人の場合は40度を超える高熱が出るケースもあり、男性の場合は睾丸炎を起こし生殖機能にダメージを受ける可能性もあるため、熱が出た場合は要注意です。

中には発熱しない、もしくは微熱程度で済むケースもあります。

腫れは発症から24時間以内に発現し、2日目に入ってからが最も腫れが強くあらわれます。両方の頬が腫れることもあれば片方だけのこともあります。

3日目以降は熱も腫れや痛みも徐々に軽快していきます。腫れが治まれば痛みもだんだん消失していくでしょう。

 

熱と腫れが続く期間ですが、

  • 熱は、3日以内に下がる
  • 腫れは、1週間~10日で治まる

と、一般的にはこのように言われています。

 

もちろんこの期間には個人差があり、人によっては完治するまでに2週間、3週間かかる人もいるようですので、あくまで目安として考えて下さい。


Sponsored Link


熱や腫れを早く治すためにはどうすれば良い?

3

 

おたふく風邪は、ウィルス性の感染症であるため特別な治療薬などはありません。体の免疫力に任せて、できるだけ安静に過ごし自然に回復していくのを待つしかありません。

逆に言えば特別な治療をしなくても、通常は自然に回復していく病気なんですね。

そのため熱や腫れ、痛みがひどい場合はそれを和らげるための対処をしながら経過をみていくことになります。

 

熱があるとき

高熱があるときは、太い血管がある首筋やわきの下、太ももの付け根を冷やすと体全体の熱を冷ますことができます。

汗をかいたらこまめに着替え、水分補給も忘れないようにしましょう。

 

腫れ、痛みがあるとき

痛みがひどく食べ物や飲み物を摂るのが大変なときは、患部を冷やすことで痛みがやわらぎます。

冷えピタのような冷却剤よりは、氷をビニール袋に入れてタオルでくるんだものがおすすめです。つめたさが持続してより効果的に冷やすことが出来ます。

 

また、唾液腺を刺激すると痛みが増す場合があるため、食べ物や飲み物にも気をつけましょう。

酸味の強いものや味の濃いものは避け、できるだけ噛まなくても良いようなプリンやおかゆスープなどが良いでしょう。

 

病院を受診した際に解熱剤や鎮痛剤を処方されることがありますが、その際は医師の指示通りに用法を守って服用するようにしましょう。

 

 

登園や通学はいつからしてもいいの?

4

 

おたふく風邪は他者に感染することを防ぐため、出席停止期間が法律で決められています。

「耳下腺、顎下腺、舌下腺の膨脹が発現した後、5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで」は出席することができません。

つまり最低5日間は休まなくてはならず、元気になれば6日目以降に登校、登園することができます。

おたふく風邪のウィルスは発症後5日を過ぎれば、二次感染を起こす可能性もほとんどなくなります。

 

子供の場合は、熱が下がれば元気になって普段通りに過ごせることもあります。

ただ、まだ腫れがあるうちは周りに感染する可能性があることを忘れてはいけません。外出は控え、マスクを着用するなどの注意が必要になりますね。

 

また、おたふく風邪が治ったら、医師からの診断書や出席許可書を提出しなければいけない場合がありますので、学校や園に確認が必要です。

 

 

まとめ

子供がおたふく風邪にかかった場合、働いているママはお休みをとらなくてはならないので大変ですよね。

でもおたふく風邪は感染力が強い病気なので、元気だからといって勝手に出席させるわけにはいきません。

おたふく風邪には最低5日間の出席停止期間があることや、熱や痛みへの対処法を覚えておくと、もし感染してしまっても慌てることも少ないと思います。

 

また、おたふく風邪は予防接種がとても効果的ですので、まだ受けていない方はぜひ検討してみて下さいね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ