おたふく風邪の熱がぶり返すことはある?どんな症状が出るの?

1

 

おたふく風邪は、「流行性耳下腺炎」といって、発症すると発熱や耳の下にある耳下腺が腫れて痛みが出る病気です。

主に3歳から6歳くらいの子供が感染することが多く、幼稚園などで流行することが多いですね。

しかし子供だけでなく、おたふく風邪の抗体を持たない大人の場合でも感染することがあり、大人の場合は高熱が続くなど症状が重症化することが多いと言われています。

 

普通の風邪をひいたときに、せっかく良くなったと思ったのに油断していたら症状をぶり返してしまった、という経験はありませんか?

おたふく風邪の場合も、熱が出ていったん下がったのにまた熱がぶり返すというようなことはあるのでしょうか?

 

今回は、おたふく風邪の熱をぶり返すことはあるのか?その時どう対処すれば良いのか?について解説します。


Sponsored Link


おたふく風邪の熱ってぶり返すことはあるの?

2

 

おたふく風邪も、普通の風邪と同じウィルス性の感染症であるため、熱がぶり返すということは十分考えられます。

おたふく風邪は個人差はありますがだいたい3日以内には熱が下がることが多いのですが、その3日間のあいだで熱が上がったり下がったりすることがあります。

微熱から38度~40度くらいを行ったり来たりして徐々に下がっていき、3日くらいで回復していきます

 

もし一旦熱が下がったのに数日たって再び熱が上がってきたとなると、それは合併症を引き起こしているか、またはおたふく風邪ではない別の感染症にかかっている可能性が考えられます

おたふく風邪で熱がなかなか下がらない場合は、無菌性髄膜炎などの合併症である可能性があります。熱の他に、頭痛嘔吐などの症状がでていたら要注意です。すぐに病院を受診するようにしましょう。

 

また、おたふく風邪などの病気にかかっているときは体の免疫力・抵抗力が低下しているため、他の感染症にもかかりやすいものです

普通の風邪の場合でも、油断してまた風邪をぶり返したと思っていたら、実は同じ風邪ではなく新たな風邪ウィルスに感染した場合が多いのです。

 

また、熱がぶり返す原因として他に考えられることは、解熱剤を使用した場合です。

解熱剤を使用すれば一時的に熱は下がりますが、まだ体の中でウィルスが活発なうちは熱がぶり返してしまうこともあります。

解熱剤を使いすぎると、体が回復しようとする力を邪魔してしまうことがあるんですね。

おたふく風邪で熱が出たらしっかり安静にしていることが重要ですね。


Sponsored Link


おたふく風邪の熱がぶり返した場合はどうする?

3

 

おたふく風邪の熱がぶり返してしまった場合ですが、先ほどもご説明した通り合併症である可能性も考えられるため再度病院を受診して医師に相談してみましょう。

合併症を起こしていないのであれば、解熱剤などが処方されると思いますので、医師の指示どおりの用法と容量を守って服用し、あとは無理をせず安静に過ごすようにしましょう。

他の風邪ウィルスに感染した可能性も考えられますので、周りの家族などに感染しないようマスク着用や手洗い・うがいを徹底しましょう。

 

あと、熱があるときに他にできることをご紹介しておきます。

体温が上がっているときは、寒くないように布団を1枚多くしたりエアコンなどで部屋の温度をあたためましょう。

熱が上がりきれば、あとは体を冷やすことが効果的ですね。首元やわきの下、太ももの付け根は太い血管が通っているので、体を効果的に冷やすことが出来ます。

あとは汗をかくと思いますので、こまめに着替える水分補給をするといったことを忘れずにおこなうことが大切ですね。

 

 

熱がぶり返さなくなる目安はある?

4

 

おたふく風邪の熱の出方には個人差がありますが、一般的には3日程度で下がると言われています。

3日を過ぎて、熱が下がっていれば再び熱が上がるということはないと考えても良いでしょう。

 

ただ、頬の腫れがあるうちはふたたび熱が出てくることも考えられますので、おたふく風邪の症状が完全に治まるまでは注意しながら経過を見ていく必要がありますね。

 

もし熱が再び出てきたというときは合併症の可能性もあるため、熱以外の症状(頭痛や嘔吐、けいれんなど)が重なっていないか注意深く観察しましょう。

合併症の心配がある場合は早めに病院で診てもらうようにして下さい。

 

 

まとめ

おたふく風邪にかかると、高熱が出る人もいれば熱がほとんど出ない人もいて症状の出方はいろいろです。

熱は一般的には「3日」が目安とされています。

熱が出た場合は市販の解熱剤を使うこともできますが、やはり医師の指示に従って服用するのがベストだと思います。

熱が下がってもまだ体の中ではウィルスが活発である場合がありますので、油断することなく安静に過ごすようにしましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ