おたふく風邪は子供のうちにかからないとどうなる?大丈夫なの?

1

 

「おたふく風邪は子供のうちにかかっておいた方がいい」と聞いたことはありませんか?

 

大人になってからかかると症状が重くなる、とも言われていますよね。

子供のうちにかかった場合と、大人になってからかかるのとでは病気の症状には違いがあるのでしょうか?

 

今回は、おたふく風邪は子供のうちにかかったほうが良いのか?子供の時にかからなかったらどうなるのか?という疑問についてお答えします。


Sponsored Link


おたふく風邪は子供のうちにかかった方が良い?

2

 

おたふく風邪は、3歳から6歳ごろまでの子供がかかりやすい病気です。

ムンプスウィルスの感染が原因で、正式には「流行性耳下腺炎」といいます。耳の下から顎にかけて腫れて痛みが出て、熱などの風邪に似た症状が出ることもあります。

咳やくしゃみなどの飛沫感染や接触感染によって周囲に広がり、保育園などで流行することが多いです。

おたふく風邪は子供のうちにかかった方が良い、という話を聞いたことがあるでしょうか?

 

それは、おたふく風邪は一度かかると免疫が出来るので2度かかることはないということや、大人になってかかった場合は症状が重くなったり合併症を併発する確率が高いために、このようにいわれているんですね。

周囲でおたふく風邪が流行すると、わざわざウィルスをもらいに行く人もいるのだとか。

 

たしかに子供のおたふく風邪は高熱が出ることも多くないですし、腫れも1週間ほどで回復するケースが多いです。ほとんど症状があらわれない子供もいるといいますから、子供のうちにかかっておいた方が良いというのも納得できますよね。

しかし、子供も大人もおたふく風邪の症状の出方は人それぞれで、症状がほとんど出ない人もいれば、反対に腫れや熱がひどくなる人もいますので、免疫をつけるためにわざわざウィルスをもらうのもあまりおすすめできません。

大人も子供もおたふく風邪にかかってしまうと重症化のおそれがあるため、きちんと予防をしておくことが重要です。


Sponsored Link


子供のうちにかかっていなかったらどうなるの?

3

 

子供のうちにおたふく風邪にかかっていない、予防接種を受けた経験がない、という人が大人になっておたふく風邪に感染すると重症化する可能性は高くなります。

大人の場合、子供よりも免疫力が高くウィルスに抵抗しようとする力も強いため、症状が強く出ることが多いんですね。

 

また、大人の場合は合併症の心配もあります。

男性は30%の確率で睾丸炎、女性は7%の確率で卵巣炎無菌性髄膜炎にかかる確率も10%あるといわれています。他にも確率は低いですが脳炎や難聴などの心配もあります。

 

また、大人の女性で妊娠中におたふく風邪にかかると胎児に影響が出る場合があり、妊娠初期では流産する可能性があります。

そのため、子供のころにおたふく風邪にかかったことがないという方は、しっかり予防をしていく必要があります。

 

 

かからなかった場合はどう対策をすれば良い?

4

 

では、おたふく風邪にかからないためにはどうすれば良いかというと、もっとも有効な方法が予防接種を受けることです。

おたふく風邪のワクチン接種は、1歳を過ぎれば受けることが出来ます。子供の病気というイメージが強いですが、もちろん大人の方も受けることができます。

ワクチンを接種すれば、90%以上の確率で抗体を獲得することが出来るといわれていますので、予防効果は高いですね。

 

もし自分が抗体をもっているかどうか分からないという場合は、病院で抗体検査を受けることもできます。

おたふく風邪の予防接種は任意接種であるため金銭的な負担が大きくなってしまいますが、小さな子供を持つお父さんやお母さん、おたふく風邪が心配な方は受けておくとよいでしょう。

 

また、おたふく風邪は咳やくしゃみなどですぐに周りに感染がひろがります。もし周りに感染者がいる場合は、普通の風邪の場合と同じようにこまめに手洗いやうがいをしたりマスクを着用するなどして、予防をすることが大切です。

 

 

まとめ

おたふく風邪は 予防接種を受けることで、感染した場合でも症状を軽くすることができます。

子供の場合は、集団生活を始める前に一度おたふく風邪の予防接種を受けておくことをおすすめします。

おたふく風邪にかかったことがないというお母さんやお父さんも、お子さんと一緒に予防接種を受けておくと良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ