子供のおたふく風邪の期間や出席停止は?登園はいつから?

1

 

おたふく風邪は「流行性耳下腺炎」といって、耳の下にある唾液腺が腫れたり発熱などの症状が出る感染症で、おたふく面のような容貌になるのが特徴です。

小さな子供がかかりやすい病気のひとつなので、ご存知の方も多いですよね。

 

おたふく風邪は、咳やくしゃみなどで周りのお友達に広がってしまうため、保育園や幼稚園で流行しやすいので注意が必要です。

おたふく風邪にかかると症状はどのくらいの期間続くのか、出席停止になるのか、ママは気になりますよね。

今回は、おたふく風邪の期間やいつから登園できるのか、について詳しく解説していきます。


Sponsored Link


子供のおたふく風邪はどのくらい続くの?

2

 

おたふく風邪はムンプスウィルスというウィルスに感染することで、耳の下から顎にかけて腫れて痛み、発熱や咳、鼻水などの症状があらわれます。

ウィルスの潜伏期間は2~3週間ととても長く、感染経路や感染源を特定するのは難しいといわれています。多くの場合は保育園や幼稚園でうつることが多いと考えられます。

 

長い潜伏期間を経て発症するとどちらかの頬が腫れてきてその後両側の頬が腫れます。発熱することも多く、38度以上の高熱が出ることもあります。

頬の腫れや痛みは、1週間から10日程で治ることが多く、発熱も3日程度で下がることが多いですね。

 

大人がおたふく風邪にかかると重症化するといわれていますが、子供の場合は高熱が続いたり症状が長引くということはあまりありません。

基本的に子供は軽症で済むことが多く、ウィルスが潜伏している期間の2週間が過ぎると自然に回復に向かいます。


Sponsored Link


子供がおたふく風邪になった場合は出席停止?

3

 

おたふく風邪は、咳やくしゃみなどの飛沫感染や接触感染によって周りにすぐにうつってしまいます。

原因であるムンプスウィルスはとても感染力が強いため「法定伝染病」に指定されていて、法律で出席停止期間が決められているんです。

 

「耳下腺・顎下腺・舌下腺の膨脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで」は出席できないとされています。

そのため、腫れや痛みが治まってきたらもう一度病院で診察を受けていつから出席できるかを医師に確認する必要がありますね。

そして、登園しても良いという医師の診断を受けたら、診断書や出席許可書を園や学校に提出することで登園・登校できるようになります。

 

 

登園はいつからしても良いの?

4

 

先ほどもご説明した通り、おたふく風邪は発症後5日間は登園・登校することができません。

でも中には痛みや熱が治まると元気が出てくる子もいますよね。

もう元気だし登園しても大丈夫?外出してもいい?と思われるかもしれませんが、ウィルスを保持している状態で登園してしまうと周りのお友達にうつしてしまいます。

ウィルスの潜伏期間が終わりきちんと医師の許可が出るまでは、登園や外出は控えるようにしましょう。

 

園や学校にはおたふく風邪が治ったことをきちんと証明しなくてはなりませんので、診断書や出席許可書は忘れずに提出しましょう。

 

おたふく風邪には特別な薬はありませんので、自宅で安静にしていることで自然に良くなってきます。

ただ注意しなくてはならないのが合併症です。おたふく風邪患者の10%に無菌性髄膜炎0.2%の確率で脳炎、数万人に一人の確率で難聴の合併症が起きるというデータもあります。

いずれも高熱から引き起こされる深刻な病気ですので、高熱や嘔吐が続くなどお子さんの様子がおかしいという場合は合併症が疑われますので速やかに病院で診てもらいましょう。

 

 

まとめ

おたふく風邪をはじめいろいろな病気を予防するには、手洗いやうがいを徹底することが一番大切です。

それでも子供はいろいろな病気にかかってしまうものですよね。

もし子供がおたふく風邪にかかってしまったら、しばらく学校や園には出席できなくなりますので、おうちの方はしっかり看病してあげて下さいね。

家族でまだおたふく風邪にかかったことがない人、予防接種を打っていない人がいる場合は、家族への感染にも十分注意しましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ