大人のおたふく風邪は移る?治療期間や仕事への影響は?

1

 

「大人になってからおたふく風邪にかかると危険」といわれているのをご存知でしょうか?

 

子供のころにおたふく風邪にかかったことがある人は、免疫が出来ているため大人になって発症することはほとんどありませんが、一度もかかったことがない人は注意しなくてはならないんです。

それは大人になってから感染すると、重症化や合併症を引き起こしやすいといわれているからなんですね。

 

今回は、大人のおたふく風邪についてお伝えします。おたふく風邪は移るのか?治療期間や仕事はどうすれば良いか?について解説しますので、参考にしてみて下さいね。


Sponsored Link


大人のおたふく風邪は子供のように移るの?

2

 

おたふく風邪は「流行性耳下腺炎」という正式名称で、ムンプスウィルスに感染することで発症します。

感染から発症までの潜伏期間は、とても長く2~3週間ほどあります。

潜伏期間を経て、両方またはの片方耳の下から顎にかけて腫れて炎症を起こします。痛みを伴うことが多く、唾液が出たり飲食するときに非常に痛みます。

 

また大人の場合は38度から40度くらいの高熱が出ることもあります。

子どものおたふく風邪が軽い症状で済む場合が多いのに対して、大人の場合は、発熱や症状が強く出ることが多いといわれています。

大人が重症化しやすいのは、大人の免疫力が強いために、体の中にウィルスが侵入してくると攻撃するためにより激しく抵抗するからなんですね。

おたふく風邪の原因であるムンプスウィルスはとても強い感染力を持っているウィルスです。

 

子供の場合と同じように、大人のおたふく風邪でも周りの人に移ります。

咳やくしゃみなどによる飛沫感染や、手などについたウィルスが口に入る接触感染によって、家族や職場など周囲の人に感染が広がります。

うつる期間は、潜伏期間から発症している期間ということになりますが、とくに発症の1~2日前~発症5日間くらいが最もうつりやすいようです。

自分では治ったと思っても、周りの人へ感染が広がらないようにマスクの着用を心がけなければなりませんね。


Sponsored Link


通常どのくらいの期間で治る?

3

 

大人のおたふく風邪は、発症からだいたい10日から2週間くらいで完治することが多いです。

ただし人によって症状がいろいろですので、一概に言うことはできません。

最初は片方だけ腫れて、治ったと思ったらもう片方が腫れてきた、ということになれば治療期間はもっと長くなってしまいます。

 

また、おたふく風邪は合併症を起こしやすい病気としても知られています。

男性の場合は睾丸炎、女性だと卵巣炎、ほかにも無菌性髄膜炎膵炎難聴脳炎などの可能性があります。もしこのような合併症を引き起こしてしまったら、入院しなければならないため、さらに治療期間が長引いてしまうことになります。

大人にとっては、とてもリスクの高い病気といえますね。もしおたふく風邪かな、と思ったら早めに病院で診てもらい、きちんと治療することが大切です。

 

 

おたふく風邪にかかった場合の仕事への影響は?

4

 

大人がおたふく風邪にかかってしまった場合、心配なのが仕事への影響ですよね。

子供がおたふく風邪になった場合は、出席停止期間が決められていますが、大人の場合はどのようにしたらよいのか悩みますよね。

 

おたふく風邪は先ほどもご説明した通り、とても感染力の強いウィルスであり、大人がかかると重症化しやすい病気です。

そのため、症状が軽い場合でも、安易に仕事場に出勤するのは避けた方が良いでしょう。

 

周りの人がワクチン接種をした人や一度かかったことのある人であればそこまで心配することもないのですが、病気はいつどのようにうつってしまうかわかりませんよね。

もし抗体を持たない人に感染して、重症化して合併症などを引き起こすことを考えたら、きちんと完治するまで休むのが良いと思います。

 

症状が出ている間はしっかり自宅で安静にして過ごし、症状が治まってきたら仕事に出ても良いのかどうかについては、病院を受診した際に医師に確認してみると良いでしょう。

出勤できるようになればマスクを着用して感染予防に努めるようにしましょう。

 

 

まとめ

おたふく風邪は子供の時にかかる病気というイメージかもしれませんが、大人でもかかることがあります。

とくに小さなお子さんをお持ちの方は、子供からもらってしまうケースも考えられます。重症化や合併症を起こさないためにもきちんと予防接種を受けておくことをおすすめします。

もしおたふく風邪に感染してしまった場合は、飛沫感染や接触感染によって周囲に広がってしまいますので、症状が治まるまではしっかり自宅で安静にして過ごすようにしましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ