インフルエンザの子供の症状に頭痛や腹痛はある?薬は効果的?

1

 

インフルエンザは、いったん流行してしまうと爆発的に広がっていくウイルスの感染が原因で起こる流行性の病気です。

風邪とは違う特徴的な症状が有名ですが、低年齢の子供が感染してしまうと肺炎や脳症などの合併症を起こしやすい恐ろしい病気です。

子供にとって辛い症状が多いインフルエンザですが、自己判断で使用しないほうが良い解熱剤や、子供だからこそ注意したい症状があります。

今回は、そんな子供のインフルエンザの症状で腹痛や頭痛は起こるのか?子供のインフルエンザの見分け方や注意するべき点について確認していきましょう。


Sponsored Link


子供のインフルエンザの症状に頭痛や腹痛はある?

一般的にインフルエンザの症状といって有名なものは、高熱や関節痛ですね。

これらは比較的知られているものなので、お子さんにこのような症状が出た場合、インフルエンザだと判断しやすいと思います。

では、頭痛や腹痛はどうでしょうか?

 

こちらも一般的なインフルエンザと同様に、子供のインフルエンザでも高熱が出てしばらくしてからガンガンとひどい頭痛が襲ってきます。

小さなお子さんの場合、経験したことのない痛みのため、機嫌が悪くなったり泣き続けたり、いつもとは違った様子が見られるかもしれません。

 

腹痛は、流行したインフルエンザウイルスの型によって出る症状です。

インフルエンザが流行し始めると、今年のウイルスの型は何なのか?どのような症状が出るインフルエンザなのか?などの情報を集めておくことも重要になります。


Sponsored Link


インフルエンザの可能性大?子供のインフルエンザを見分けるポイントは?

2

 

ほかに子供のインフルエンザではどのような症状がでるのでしょうか。

上で紹介した一般的なものも含め、以下のようなものがあります。

子供の様子と一緒にまとめてみました。

 

  • 突然の高熱(38度以上)
  • 関節痛、筋肉痛
  • 倦怠感、悪寒
  • 頭痛
  • 腹痛、下痢

 

これらの症状の中では、高熱は比較的わかりやすい症状かと思いますが、症状を言葉で伝えられない小さなお子さんの場合は、歩きたがらない、ゴロゴロして過ごす、なんだか機嫌が悪い、ぶるぶると震える、寒がる、脈がいつもより早い、食欲がない、寝ない、寝てばかりいる、などの様子が見られることが多いようですね。

上のような症状が出た後、鼻水や咳などの諸症状が引き続き出てきます。

 

3

 

また子供のインフルエンザで気を付けなければならないことは、高熱による異常行動です。

だいたい10歳以下の子供に多く見られるのが、突然のけいれんや意識障害(昏睡状態、異常に暴れる、意味不明のことを言うなど)をおこし、短期間に全身症状が悪化するといったものですね。

熱性けいれんや高熱によるうわ言と見分けることは難しいですが、いつもと様子が違うと感じたらすぐに病院へ行きましょう。

その際、症状のメモ(熱がいつでたのか?体温、その時の様子など)があると受診がスムーズになります。

高熱が出て48時間は、目を離すことなく見守りましょう。

 

 

インフルエンザの頭痛や腹痛に効果的な薬はある?

4

 

インフルエンザによっておこる頭痛や腹痛はウイルスの増殖によるものですので、ウイルスが減ってくることにより症状も落ち着いていきます。

ウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬で治療を行っていくことが一般的です。

それ以外に関しては、それぞれに合わせて薬などで症状を抑えていくことになります。

高熱や頭痛、関節痛などに対しては、解熱鎮痛剤が処方されます。

必ず医師から処方された薬を使用してください。

市販の解熱剤や風邪薬などでは、重篤な副作用がおこるものもあります。

自己判断で市販の薬や、以前飲み残した薬などを使用しないようにしてください。

 

また、インフルエンザによる諸症状はウイルスと体が戦う際に必要な反応であることが多いです。

例えば高熱ですが、この熱は免疫機能を高めるために必要なものです。

解熱剤で必要以上に下げてしまうことで、免疫機能が十分に発揮できなくなるということもあります。

 

また解熱剤を使用して、体温を下げても効き目が切れると再び熱が上がります。

体温を上げ下げすることは、ただ体力を消費してしまうだけで回復に必要な体力まで奪ってしまうことになりかねません。

 

腹痛や下痢についてですが、これも必要以上に下痢止めを使用しないほうが回復が早い場合があります。

これは下痢をすることで、お腹で増殖したウイルスを外に出しているからです。

必要以上に下痢止めをしようして、体内にウイルスを止めてしまうことで、腹痛が長引くことがあります。

脱水に注意しながら、解熱剤や下痢止めの使用はかかりつけ医の指示に従ってください。

 

 

まとめ

症状をうまく伝えることができない小さなお子さんのインフルエンザは、早くに発見することが難しい場合がありますが、インフルエンザは早くに治療を行うことで、辛い症状を軽くすることができます。

重症化しやすい子供のインフルエンザを早く発見するためにも、初期症状を見逃さないように注意しておいてください。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ