熱中症の幼児の症状!熱や腹痛、下痢、吐き気がある場合どうする?

1

 

暑い時期に心配になるのが、熱中症ですよね。

小さなお子さんのいるお母さんやお父さんは、お子さんを遊ばせるときは常に気にしているのではないでしょうか?

ただ、もしも熱中症にかかってしまったら、どう対処すれば良いかご存知ですか?

今回は、幼児に起きる熱、腹痛、下痢、吐き気などの症状への対処法や、予防法などについてご紹介します。


Sponsored Link


幼児の熱中症の症状は?

2

 

熱中症は、暑い場所にいたり運動したりして大量に汗をかくことで起こります。

人間は汗をかくことで体の熱を放出して体温調節をしているのはなんとなくご存知かと思いますが、大量に汗をかくと結果として体の水分が失われて脱水症状になり、こうなってしまうと汗が出なくなります。

汗が出なくなってしまうと体温調節も十分に出来なくなってしまいますので、体の中に熱がこもり、この熱による影響が様々な症状を起こしているわけですね。

具体的には、熱が体にこもって発熱が起きたり、水分不足により脳や内臓への血液も不足することによって頭痛や吐き気などの症状が出てきます。

 

また、水分を摂っていても塩分が不足してしまった場合、体の電解質バランスをとるために余分な水分を排出しようとします。これが腹痛や下痢として症状に出てしまうわけですね。

 

特に幼児の場合は、体温調節機能もまだ発達していませんし、背の低い子供は地面からの熱を受けやすいことなどから、体に熱がこもりがちです。

子供は暑くても元気に遊びますし、自分ではなかなか訴えられないこともあるでしょう。

家に帰ってきてから、「ちょっと熱っぽい?」なんてこともありますよね。

ですから、おうちの方が子供の様子をしっかりと見ておく必要がありますね。

では子供にどんな症状が出ていたら熱中症を疑えば良いのでしょうか。

 

まず初期症状としては、大量に汗をかく、顔が赤い、あまり元気がない、呼びかけても反応が鈍い、などです。

中度症状は、気持ちが悪い頭が痛い手足が震えるしびれるふらふらしている下痢嘔吐動きたがらないおしっこが出ていない、などがあります。

重度症状は、けいれん発熱倒れる反応がない、です。

初期の段階であれば自分で対処できますが、中度~重度の場合は応急処置ののち、早急に病院で診てもらうようにしましょう。


Sponsored Link


幼児の熱中症の熱や腹痛、下痢、吐き気の症状にどう対処すれば良い?

3

 

子供の熱中症は、初期~中度の段階でも対応が遅れるとすぐに症状が進んでしまうことがあります。

症状を軽く考えずに、様子を注意深く観察し、適切な対応ができるようにしておきましょう。

 

熱がある場合

解熱剤で無理やり熱を下げるのではなく、涼しい場所に休ませ、冷やしたタオルや保冷剤などでわきの下や首元、太ももの付け根を冷やしましょう。

うちわなどで風を送ると早く体を冷やすことができますよ。

 

また、熱が出ている時点で熱中症の症状は既に進んでいる可能性がありますので、早めに病院に連れて行くのが無難ですね。

特に意識がない場合や自力で水が飲めないときは、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

腹痛・下痢がある場合

下痢をしている場合はとくに塩分が不足しているため、イオン飲料や経口補水液など電解質を含むもので水分補給しましょう。

あとは涼しいところで体を冷やしてよく休ませておくのが大切ですね。

 

吐き気がある場合

熱中症の症状の中では比較的初期症状ですので、ひとまずは体を冷やして様子をみましょう。

水分がとれるようなら、イオン飲料や経口補水液で水分補給をします。水分が取れない場合は病院で診てもらいましょう。

 

 

幼児の熱中症で他に注意しておきたいことは?

4

 

熱中症にならないために注意したいことをまとめました。

 

通気性の良い涼しい服を選ぶ

白っぽい服のほうが熱がこもりにくいのでおすすめです。

日差しが強い日でなくても、帽子をかぶるようにしましょう。

 

水分補給が大切!

遊びに熱中すると水分補給も後回しになりがちです。

おうちの方が、声をかけてこまめに水分と塩分を摂らせるようにしましょう。

 

生活リズムを整える

夏休みは食事や睡眠が不規則になることもありますよね。

規則正しい睡眠と栄養のある食事をとることで、熱中症にかかりにくい体を作りましょう。

 

休憩をとる

子供は疲れるまで遊んでしまいます。疲れる前に、休憩をとらせるようにしましょう。

 

また熱中症は、野外だけでなく屋内でも発症します。風通しを良くしエアコンを適切に使用して、家の中でも水分補給を忘れずに行いましょう。

万一の時のために、経口補水液を何本か家に常備しておくと安心ですね。

 

また、外出の際は飲み物と一緒に保冷剤や冷やしたタオルも一緒に持っていくと便利だと思いますよ。

 

 

まとめ

熱中症は子供がかかりやすい病気です。

子供のちょっとした異変を見逃すと、気づいた時には重症化しているケースもありますので、お母さんお父さんは普段から子供の様子をしっかり見ておくことが大切ですね。

今回ご紹介した対策や予防法は成人や高齢者の方にも当てはまりますので、ぜひ覚えておいて下さいね。

熱中症対策をしっかり行って、夏のレジャーや外遊びを楽しみましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ