熱中症の発熱の症状が続く期間は?熱が下がらない場合解熱剤は使う?

1

 

熱中症は、梅雨入りしてじめじめと暑くなる6月頃から発症する人が増えてきます。

あらわれる症状はさまざまですが、よく見られる症状に発熱があります。

高熱が出たり微熱が長く続いたりすることもあるようですが、熱が続く期間はいったいどのくらいなのか?熱が下がらない場合の対処法、解熱剤を使っても良いのかどうかについても調べてみました。


Sponsored Link


熱中症による発熱は、どのくらいの期間続く?

熱中症で発熱した場合、失われた水分や塩分をしっかり補給して体の電解質バランスを整えて行けば、通常なら2~3日程度で熱は下がるでしょう。

風邪の時の発熱は、ウィルスや菌と戦うために熱が上昇するのですが、熱中症の場合はそうではありません。

体温調節機能がうまく働かないために熱が出ているため、生命の危険ラインといわれる42℃以上の熱が出ることもあります。

熱中症で熱が出たら、しっかり治さずに放置しておくのはとても危険だということですね。

 

なかなか熱が下がらない場合はどう対処すれば良い?

2

 

通常2~3日で熱は治まるといいましたが、水分補給をしていても中には1週間くらい微熱が続くなど、なかなか熱が下がらない場合もあります。

なぜ熱が下がらないのか、その理由は次のような点が考えられます。

 

冷房、クーラーが原因の場合

外気温と室温の差が激しければ激しいほど、体はその温度差についていけなくなります。

自律神経が乱れ、体温調節機能がうまく働かなくなるため、熱が続く原因になってしまうのです。

 

睡眠の質が悪い場合

良い睡眠をとっていないと、日ごろの疲れやストレスが取れませんよね。

体温調節機能を回復させるには、質の良い睡眠をとれるよう工夫することが重要になってきます。

 

無理な活動を続けている場合

熱が下がったからといって、すぐに普段通りの活動をするのはNGです。

熱中症は段階的に症状が進んでいくため、熱が下がったとしても安易に考えて無理をするのは、体の負担が大きくなってしまいます。

熱が続いている場合、体温調節機能が回復していないことが考えられます。次のように対策をとりましょう。

 

外気温と室温の差は5℃程度に!

夏バテ体質にならないためにも、クーラーや冷房の温度設定には十分注意が必要です。

 

質の良い睡眠を!

28℃くらいのクーラーを3時間~朝方までタイマーをかけて寝ると快適に眠ることができます。また、直接風が体に当たらないようにしましょう。

高齢者は暑さを感じにくくクーラーを控える傾向にあるようですが、熱中症は死に至ることもある危険な病気だと認識し、周りの人の気配りも必要です。

 

熱中症になったら安静に!

熱中症が回復した直後や翌日からいつも通り活動するのは、熱中症を再発してしまう危険があります。十分な水分補給、食事、休養をとって、体を十分休ませましょう。

それでも熱が下がらないという場合は、実は違う病気にかかっているということも考えられますので、早めに病院で医師の診察を受けることをおすすめします。


Sponsored Link


熱中症の熱に解熱剤を使っても良いの?

3

 

熱が出ると薬を飲んで早く治したいところですが、実は熱中症の熱には、解熱剤は効果がありません。

たとえば風邪の場合、解熱剤は異常に上がってしまった脳の体温の設定温度を正常な温度である37℃くらいに上書きするような形で発汗を促し、結果的に解熱するという形をとります。

 

しかし熱中症の場合は、そもそもその体温を調節している中枢自体に問題が生じているために、解熱剤を使用しても効果がないとされています。

ただし、小児科などで処方される坐薬や粉薬・錠剤などでアセトアミノフェンという成分が含まれる解熱剤は、安全で熱中症の熱にも効果があるのだそうです。

熱中症は、脱水症状によって体温調節ができなくなっているわけですから、風邪の場合とは対処法が違いますので、ご注意下さいね。

 

 

まとめ

熱中症で熱が下がらない場合は、水分や塩分を補給し、体をしっかり休めることが大切です。どうしても良くならない場合は無理せず病院へ行きましょう。

 

また、熱中症予防に努めることも大切です。のどが渇いてからでは遅い、とよく言われますよね。

こまめに飲むことと、塩分補給も忘れずに行って下さいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ